トレードテクニック

買うべき?売るべき?待つべき?目線が決まらない方に向けて書いてみた。

ブログランキング参加中です!

クリックしてからご覧いただければ嬉しいです。

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


FX初心者 ブログランキングへ

どうもこんにちは、つんつんです。

朝の分析のこと以外でブログを書くのは久しぶりな気がします(笑)

 

分析記事はトレード前準備になっているので、むしろ書かないとトレードを始めにくいんですよね。

自分の考えを整理するために必要な時間かなと。

 

今日は時間が出来たことと、メルマガで書いたことでブログでも共有したいなぁと思ったことがあったので、記事を書いていこうと思います。

 

目線が固定出来ない人も多い

私はトレードする時に、ある程度狙いを決めています。

例えばもう一度下を試して抜けなければWボトムになるから買おう。などです。

 

つまり、チャートを見る時に「こうなれば買おう」「こうなれば売ろうなど、ある程度狙いを持って見ています。

 

ただトレードを始めたばかりの人や、結果が出ていない人で多いのが、狙いを持たずに何となくチャートを見てしまっていることです。

非常に多いです。

 

なのでエントリーしようにも「今から上がるのかな?」「それとも下がるのかな?」と迷ってしまいます。

まずは一つずつ分解して考える

トレードは難しいです。

上がるか下がるかは様々な要素が混じり合いますので、複雑です。

 

これはトレードだけではありませんが、

難しい問題と遭遇した時は、分解して一つずつ問題を整理していくことが大切です

 

今回は目線を決めるために分解してトレード前準備を考えていきましょう。

 

まずはトレンドなのかレンジなのかです。

例えば上昇トレンドだったとしましょう。

この時に目線は買いと売り、どちらになると思いますか?

 

 

 

 

 

 

正解は「どちらにもなり得る」です。

少し意地悪な問題だったかもしれませんね。笑

 

というのも、上昇トレンドと言っても上がったり下がったりの波を描きながら上昇していきます。

 

参考図

上昇トレンド

上昇する時の波をトレンド波。

下落する時の波を調整波とします。

 

トレンドの波が出ている時は、「買い目線で固定」「様子見」です。

一方、調整波になっている時は「売り目線で固定」「様子見」です。

 

まずは現在の波形を理解することが大切です。

そうすると、目線が買いか様子見の二択。もしくは売りか様子見の二択になります。

 

このように、現在の波形が把握出来れば簡単になります。

それで狙い通りの方向に伸びそうな展開になればエントリーしますし、

違った場合はエントリーしないという選択肢になります。

 

ここまで狙いを絞れれば、

思惑の方向にいきそうなチャートパターンを待つだけになります。

 

今まで何となくトレードして目線が定まらない。

そういった方は是非取り入れてくださいね^ ^

 

ご覧いただき、ありがとうございました!

お役に立ちましたら

ブログランキングをポチっとしてくれると嬉しいです\( ¨̮ )/

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


FX初心者 ブログランキングへ

 

また、無料メルマガ講座も開講しています。

下のボタンから登録出来ます。

 

私のノウハウを全て学べるメルマガ講座を始めました。

 

ほぼ毎日届く無料メルマガ講座です。

 

初日で300人の登録があり、現在は3000人以上が購読していただいております。

メルマガ限定記事も18個あり、音声動画も多数あります。

 

是非トレードにお役立てください。

 

今後の方針やコラムなども、メルマガだけで書いたりしているそうです。

 

この続きはメルマガでお会いしましょう!

 

ご登録はこちら