トレードテクニック

第二波やサポレジ転換はどの時間足で有効なのか

ブログランキング参加中です!

クリックしてからご覧いただければ嬉しいです。


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

どうも、つんつんです。

いつも長い記事ばかりだと読むのも大変だと思うので、今日は短めの記事を書いていきます。

 

題名の通りなんですが、お悩み相談でこのような質問がありました。

第二波はどの時間足で有効なのか

つんつんさんの言われる「第2波」なのですが、何分足で見るのが有効だとお考えですか?

 

私は15分足や1時間足を見ているのですが、

なかなか第2波を狙えるようなチャートの形にならないことが多いので悩んでいます。

 

以前もこちらの記事で似たようなことを解説していますが、切り口を変えて書いていきたいと思います。

関連記事:【お悩み相談】エントリーするのに最適な時間足とは何か

 

ちなみに上の記事では、シナリオをたてる足とエントリーする足を分けて考えるべきだとお伝えしました。

デイトレードなら、シナリオをたてる足は1時間足以上を推奨。

タイミングをはかる足は、15分足や5分足を推奨しております。

(あくまで私個人の感覚)

 

では、今回のお答えを書いていきたいと思います。

相場は常にフラクタル

フラクタルとは

簡単に言えば複雑な図形であり、いくら細部を拡大しても複雑さを保つ図形の事である。

特に一部を抜き出すと全体と似た形になる(自己相似性)例がよく知られている(自己相似的だからと言って必ずしもフラクタルにならないことに注意)。

28141

引用:http://dic.nicovideo.jp/a/フラクタル

 

この記事で登場するフラクタルは、どの部分を抜き取っても同じに見えるという意味で使用しています。

(上の引用部分に書いている通り、厳密には違う!となるかもしれませんが、あくまで概念を学んでいただくために例えとして用いています)

 

上の画像はどの部分を抜き取っても三角形ですよね。

美しい画像ですね・・!

 

そして相場にも同じことが言えます。

この前提知識をもとに、次の2枚の画像をご覧ください。

ドル円日足の第二波の例

スクリーンショット 2017-06-25 17.02.06

5/16〜5/17にかけて下落しました。

日足レベルだとこれが第一波です。

 

そして第二波と呼べるのは、6/2の赤矢印の部分です。

ということは、日足ベースでトレードをすると、半月ほどエントリーが出来なかったことになります。

 

では、ドル円の1時間足を見てみるとどうでしょうか。

1時間足の第二波の例

スクリーンショット 2017-06-25 17.05.08

1時間足に拡大してみました。

赤丸部分をご覧いただくと、第二波と呼べるポイントが確認出来ます。

 

これは5/16~17にかけての波動です。

このように、日足ベースでは第一波だったポイントが、1時間足では第二波が観測されています。

相場は常にフラクタル

28141

 

このように、相場は常にフラクタルです。

今回のチャートは、1時間足の第一波と第二波は、日足ベースだと第一波に吸収されます。

 

そして1時間足で上昇が始まると、日足だと第二波に向けた調整局面です。

最後に、1時間足ベースで再度下落が始まると、そこが日足の第二波になっています。

結論

以上のことから、どの時間足でエントリーすれば良いのかということについては、「どの時間足でも良い」という回答になります。

 

エントリーチャンスが少ないと思うのでしたら、時間足を短くすれば良いと思います。

 

個人的には時間足が短くなるほど波形が増えてやりづらく感じます(個人的な感想です)

 

なので私は15分足が自分に適しています。

(たまに5分足を見ますが)

 

もし、この質問者の方のように、エントリーチャンスが少ないと思うなら、時間足を短くすれば良いです。

 

このように試行錯誤していくうちに、自分に適した時間足が見つかります。

 

では、本日はそんな感じでっ!

 

お役に立ちましたら

ブログランキングをポチっとしてくれると嬉しいです\( ¨̮ )/


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

また、無料メルマガ講座も開講しています。

下のボタンから登録出来ます。

私のノウハウを全て学べるメルマガ講座を始めました。

 

ほぼ毎日届く無料メルマガ講座です。

 

初日で300人の登録があり、現在は3000人以上が購読していただいております。

メルマガ限定記事も18個あり、音声動画も多数あります。

 

是非トレードにお役立てください。

 

今後の方針やコラムなども、メルマガだけで書いたりしているそうです。

 

この続きはメルマガでお会いしましょう!

 

ご登録はこちら