相場分析

ここ7営業日の通貨強弱とチャート分析(2017/6/24時点)

ブログランキング参加中です!

クリックしてからご覧いただければ嬉しいです。


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

ここ7営業日の通貨強弱をまとめます。

 

ここ7営業日の通貨強弱

スクリーンショット 2017-06-24 16.48.52

1位:米ドル

2位:NZドル

3位:スイスフラン

4位:加ドル

5位:ポンド

6位:ユーロ

7位:豪ドル

8位:円

 

特に円がぶっちぎりで弱いです。

円index 1時間足

スクリーンショット 2017-06-24 16.53.50

円単体の強さを見てみました。

最弱といっても、数日前に急落があったことがきっかけで、ここ最近はイマイチ方向感がないですね・・

 

トレンドが出ているかどうか、クロス円の動きを確認します。

ドル円 1時間足

スクリーンショット 2017-06-24 17.39.25

黄色レベルのレンジ

さらに小さいレンジが出来ている状況

 

このレンジを抜ければ直近の黄色ラインまでの第二波を取りにいく選択肢も。

ただ、ボラが低いので勝負はしづらそう。

 

それなら黄色ライン近辺で反発すれば逆張りか、抜けてからの第二波の方が良さそう。

特にドル円をメインでしていないので、無理にエントリーしたいチャートには見えないです。

ユーロ円 1時間足

スクリーンショット 2017-06-24 17.40.14

ユーロ円も黄色ラインの価格帯

反発すれば逆張りだし、抜ければ第二波かな〜と。

ポンド円 1時間足

スクリーンショット 2017-06-24 17.41.34

大きく見れば黄色ラインのレンジ

その中で赤い安値切り上げラインに沿って上昇中

 

このラインが機能するかどうかは置いておき、下抜けるまでショートは選択肢にないかなぁと

これも黄色ライン近辺で反発すれば逆張り、抜ければ第二波が無難

豪ドル円 1時間足

スクリーンショット 2017-06-24 17.42.47

これも黄色ラインの価格帯

ここを上抜ければ、直近高値までをターゲットに狙えそう。

 

やはり黄色ライン近辺で反発すれば逆張り、抜ければ第二波が無難

直近の流れはこれまでの通貨よりも上昇圧力が強いかなと

NZドル円 1時間足

スクリーンショット 2017-06-24 17.43.28

この通貨はあまりやらないですが・・

かなり上向いている通貨ペア。(トレンドが出て時間が経過しているのが気がかりですが)

 

今のところ、赤い安値切り上げラインが効いている状況

抜ければ第二波狙い、反発すれば逆張り

 

ただしこの状況は、一度下げたと思ってもゾンビみたいに下で買われて上げてくる場合も。

(押し目待ちの状態で、いい押し目になってしまうことも)

 

売りはしっかりした陰線を見て、次の上昇が高値を超えなかったのを確認して入ってもいいのかな〜と

 

基本はどこで買うかを考えつつ、第二波待ち。

ただし上抜けがバイイングクライマックス(一気に上げて、その後下落が始まる)にならないかどうかだけ注意

加ドル円 1時間足

スクリーンショット 2017-06-24 17.44.44

これも黄色ラインの価格帯

しかし、より短期足を見ないとトレードはしづらそう。

メインで監視していない人は触らなくてもいいのかなとも。

 

ちなみに週間原油在庫が発表される毎週水曜日は、ここ4週連続陰線で終わっているので、水曜日にチェックするのはアリかも。

スイスフラン円 1時間足

スクリーンショット 2017-06-24 17.45.24

上昇基調ですが、そろそろ日足レベルのレジスタンス近辺。

私はスイスフランは触らないので、トレードしませんが、チャートだけ記載。

 

 

来週はこんな感じで見ています。

後ほどアップしますが、来週は目立った経済指標がないので動意薄かもしれませんね・・。

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました!

 

お役に立ちましたら

ブログランキングをポチっとしてくれると嬉しいです\( ¨̮ )/


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

また、無料メルマガ講座も開講しています。

下のボタンから登録出来ます。

私のノウハウを全て学べるメルマガ講座を始めました。

 

ほぼ毎日届く無料メルマガ講座です。

 

初日で300人の登録があり、現在は3000人以上が購読していただいております。

メルマガ限定記事も18個あり、音声動画も多数あります。

 

是非トレードにお役立てください。

 

今後の方針やコラムなども、メルマガだけで書いたりしているそうです。

 

この続きはメルマガでお会いしましょう!

 

ご登録はこちら