トレードテクニック

エントリールールを決めよう。無駄なエントリーをしない秘訣


毎日配信される、初心者向けメルマガ講座です。

エントリータイミングがずれても利益を出す方法など、メルマガ限定記事が多数あり。

FX_無料メルマガ講座


私の使用している口座

はっちゅう君 はっちゅう君

GMOクリック証券


 

どうも、つんつんです。

今日は無駄なエントリーをしない方法について書いていきたいと思います。

 

目次、置いておきますね。

 

そもそも無駄なエントリーとは何か

無駄なエントリーを減らす方法を教えてください。

 

先日募集したメルマガ読者様へのアンケートで、このような内容のご質問がきました。

解説していく前に、まずは無駄なエントリーの定義を決めていきたいと思います。

すり合わせが出来ればベストだったんですけどね。

 

何だか仕事みたいな切り口ですが(笑)

 

無駄なエントリー=ルール以外のエントリー

私の中で無駄なエントリーとは、自らのトレードルールを逸脱したエントリーだと思います。

 

これには理由がありまして。

FXの場合、厄介なことに無茶苦茶なエントリーでも利益になるんですよ。

たまたまトレンドを捉えることが出来れば、結果勝ちなんです。

 

最近は暴落がないので、ナンピンナンピンで耐えて利食いしている人も多そうですよね。

耐えていれば結果プラスなんですから、損切りしなくても一時的には勝てるんです。

(計画的なナンピンは別です)

 

ただし。

再現性がないエントリーを繰り返しても、勝ち続けることは出来ません。

なぜ勝てたのか分からないので、負け始めても修正が出来ないんです。

 

遊びとしてFXを考えているのであれば楽しくやってくれればいいんですけど、

本気で取り組むのでしたらトレードルールは必要だと思います。

 

というわけで、負けた=無駄なエントリーではなく、

自分のトレードルールから逸脱したエントリー=無駄なエントリーとして進んでいきます。

 

ではこれからいくつか理由と対策を見ていきましょう。

 

トレードルールがない

まず考えられるのが、トレードをするためのルールがない人です。

ルールがなければ、無駄なエントリーかどうかの判別がつきません。

ルールなくエントリーすることは、それ自体が無駄なエントリーだと思います。

 

また、ルールが複数あるような人も注意が必要です。

 

きちんとそれぞれの手法・ルールごとにデータを取れるなら、複数のルールを併用しても良いと思います。

例えば1ヶ月運用してどうだったかでも結構です。

 

しかしそういったことが出来なければ、

どのルールが安定して勝てて、どのルールが負けるのか区別がつきませんよね。

 

であれば、どこを修正すれば良いのかも判断出来ず、成長できないと思います。

 

個別でデータが取れないのであれば、まずは一つのルールでトレードをする。

数ヶ月単位で安定して勝てるようになれば、別のルールを検証する。

こういった風に成熟させていくのが良いと思います。

 

勝てていてルールが複数あるのは、何も言えませんし、それでいいと思います。

私も大枠だと3つあります。

 

ただ、一つ一つのルールを確立させてから別のルールを用いるようにしましたし、それが楽だと思いますよ。

 

トレードルールが守れない

トレードルールがあるにも関わらず無駄なエントリーが多いということは、ルールが守れていないことになります。

 

ではなぜルールが守れないのか。

 

私が経験したことをいくつか例にとって書いてみたいと思います。

 

環境認識をせずにトレードしている

まずはこれでしょうか。

私は調子が良いと、これをしちゃう癖があるんですよね(笑)

 

例えば朝起きて60分足を見る。

これはトレンド出るんじゃない?と思ってエントリーをしてチャートから目を離す。

 

しばらくして見ると逆行していて、4時間足を見ると髭をつけてサポートに戻ってダマシになっている。

 

あれ?

このブレイクアウト無理やりしたよね。

なんで第二波待ってないの?自分。

適当にポジション持っちゃったなぁ。

 

こんな感じですかね。

調子が良い時に良くやってしまいます。

参照:第二波のエントリー

 

エントリーポイントに上位足で硬いラインがあるのに、短期足の勢いだけみて適当に入ってしまう。

ルール通りに入ることが出来ていない、無駄なエントリーだと思います。

 

対策

自分の中でトレードをする前の決まりを作ると良いと思います。

例えばパソコンをつけてまずは経済指標をチェック。

ニュースを少し追ってからチャートを立ち上げる。

 

見るときは必ず日足から見る。

そして日足でトレンドが出ているのか、レンジになっているのかを確認する。

 

レンジなんだったら、ブレイクアウトしても継続しづらいだろうな。

無理に追いかけたら利食いし損ねるから目標値は近くないといけないな。

じゃぁ損切りも近くないといけないな。

短期足の高値追いはせずに、戻りをしっかり待ってから入りたいな。

 

次に4時間足を見て、機能しそうなラインはどれだろう。

 

そして1時間足を見て、15分足を見る。

エントリーするのはそこで初めて行う。

 

このようにしています。

 

結果、無意識に環境認識が出来るようになります。

トレード中の決まりも良いですが、トレードする前に決まりを作ることで、適当なエントリーをしないよう自制しています。

 

無理やりエントリーをしている

トレードルール以外で無理やりエントリーしてしまうこともありました。

・負けが続いている場合

・やりづらい環境が続いている場合

 

これらが原因として考えられます。

 

負けが続いているため

「月にこれくらいは抜こう」みたいなものがあります。

その目標に届かないかなぁ・・なんて時や、

2日続けて連敗した時などって焦りませんか?

 

そういうとき、

稼ぎたい一心で短期足を見て、よく分からないラインを引いてエントリーしたりする経験はありませんか?

 

私はあります(笑)

 

稼ぎたいと思うこと自体はしょうがないんですけどね。

そのためにトレードをしていると思いますし。

 

ただ、「ルール通りすればプラスになる」という確信があるんでしたら、それ以外のところで入るのはスケベ心ですね。

 

 

やりづらい環境が続いているため

負けが続く時って自分に合わない相場環境が続いていることが多いと思うんですよね。

1年通して相場があるわけなんですから、その1年でやりやすい月、やりにくい月はあります。

8月とか12月とか、なくなればいいのに。

 

そういう時に無理してトレードしても、労力に見合ったリターンが得られにくいと思います。

そんな時もある。資金を減らさなかった分、自分のタイミングでLotを厚く張れば良い。

 

休むも相場だと自分に言い聞かせてあげるのも大切だと思います。

 

複数通貨ペアを監視する

やりづらい環境でもトレードしたい・・そういうときはどうするか。

無理やりエントリーするくらいなら、他の通貨ペアに移動した方が良いと思います。

(これは合う・合わないがあります。一つの通貨で専業の人もいるので、ご安心を)

 

複数通貨ペアを選ぶ時はどうすればいいのか。

メルマガ読者様へのアンケートで相談がございましたので、紹介とともにお答えさせていただきます。

 

メインをポンド円でトレードしたいと思っていますが、

最近の形状だとトレードが難しく、かといって他の通貨ペアの選択の仕方が今ひとつわかりません。

 

トレード対象通貨ペアをどのように選んでいくのかを知りたいです。

 

私はトレンドフォローをしたいので、以前紹介したこちらのサイトで通貨ごとの強弱を見ています。

参照:https://www.mataf.net/en/forex/tools/currency-index

 

使用方法は、こちらの過去記事を参照ください。

参照:【第11回】誰でも勝てるようになる順張り手法(オススメ)

 

基本的に、強くなっている通貨と弱い通貨を合わせます。

そしてそのチャートを見ます。

その時に注意したいのが、既にトレンドが出ているので多少の調整が入ることも考えられるということです。

 

トレンドは出れば出るほど反発しやすくなります。

なので通貨ペアを選んで飛び乗るというわけではなく、

「ここまで戻ってきたら入ろう」などのシナリオ作りが大切だと思います。

 

あくまで通貨ペアを選ぶ理由は、「自分の得意な環境で入ること」です。

レンジ相場が得意だったら、力が拮抗している通貨ペアを選べば良いと思います。

 

「この通貨、ずっと強くてトレンドが出ているなぁ」と思えば、その通貨が関連する通貨ペアを複数表示させて分析します。

 

豪ドルが強ければ、オージー円やオージードル、ユーロオージーなどを表示

 

硬そうなライン近辺に来れば、その通貨でトレードするという流れです。

 

政策金利の発表前後は注目する

通貨ペアを選ぶ際に、各国中央銀行の政策金利の発表日時も意識しています。

 

「基本的に」金利が高いところの通貨が買われます。

なので、政策金利の発表前後は思惑で売買されることもあります。

そこでサプライズが起きると、しばらく継続したトレンドになりやすいです。

 

振り落としが入ってから進むことも多いので、戻りを待ってから入りますけどね。

どちらにせよ、トレンドフォローをしたい私としては注目しています。

 

複数通貨ペアを見る弊害

ただ、複数通貨ペアを監視することはいいことだけではありません。

こんなお悩みもいただきました。

 

例えばドル円が第2波で買いで入れそうな時、

ユーロ円がどんどん下がっていき気になり買いにくい時がよくあります。

 

この時はどのようにしたらいいですか?

 

普段見ていなかった情報まで入ってきます。

その結果、エントリーしづらかったり、早めに利食いしてしまったりと悪影響が出ることがあります。

 

なので私は、一度エントリーするとその通貨ペアしか基本的に見ません。

 

人間誰でもポジションを持っていると利益を確定させたいと思います。

損切りはしたくないですよね。

 

私もこうやってブログを書いている今、含み益が10pipsくらいしかないところでうろうろしています。

欧州時間に入るので、少し気になります(笑)

本当はこの時間には書き終わってる予定だったんですが・・

 

で、そんな時に自分にとって決済出来るような都合のいい理由が外部から入ってくればどうでしょう。

決済したくなりますよね。

 

なので私はエントリー前にたくさん悩みます。

しかしエントリーすると、リスクを受け入れて他の情報は遮断します。

よほどの要人発言でなければ。

 

というわけで他の通貨ペアとの相関を気にしながらトレードをするのがルールでしたらいいですが、

そうでなければ他の通貨ペアのチャートは閉じてしまい、情報を遮断した方がいいのでは?と思います。

 

トレードルールがゆるい

最後に、トレードルールが曖昧な人もいると思います。

例えば、ラインで反発すればエントリーにしているけど、「反発ってどうなったら反発?」のような人です。

 

初心者の方は皆んなそうだと思うんですが、

それで負けても、無駄なエントリーではないと思います。

 

例えばエントリー時の画像をスクリーンショットにとるなどして保管。

勝ったトレードボックスと負けたトレードボックスを作り、そこにトレード後に移動。

 

後で見返して、違いを検証してみるなどすれば、エントリールールも追加されていくと思います。

 

上達の過程で損失は重なりますので、

ルールを作るという意志があっての一貫したエントリーなら、無駄なトレードだとは思いません。

 

失敗を重ねて上手くなっていくものですので。

 

 

余談ですが、これを書いているうちに、なんとか含み益が30pipsほどになりました。

 

利食いしたくなる気持ちは分かりますけど、ポジションを育てるのには相応の時間がかかりますからね。

 

FXの技術の成長も同じです。

とりあえずひたすら同じエントリーを1年繰り返せば、見えてくるものもあると思います。

 

私はくじけて色々なエントリーをしたせいで勝てるようになるのが遅かったので、経験談として(笑)

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

本日も一日よろしくお願いします^^

 

二つのランキングに参加しています。

お役に立ちましたら、一日一度クリックしてくれると嬉しいです^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

私のノウハウを全て学べるメルマガ講座を始めました。

 

ほぼ毎日届く無料メルマガ講座です。

 

初日で300人の登録があり、現在は3000人以上が購読していただいております。

メルマガ限定記事も18個あり、音声動画も多数あります。

 

是非トレードにお役立てください。

 

今後の方針やコラムなども、メルマガだけで書いたりしているそうです。

 

この続きはメルマガでお会いしましょう!

 

ご登録はこちら