相場分析

1/10 ポンド円分析

 

 


毎日配信される、初心者向けメルマガ講座です。

エントリータイミングがずれても利益を出す方法など、メルマガ限定記事が多数あり。

FX_無料メルマガ講座


 

手法やトレードの知識とか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-18-54-31

 

トレード結果やロウソク足の見方、過去の分析とか

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-28-18-54-04

 

ざっくりと過去記事一覧

サイトマップ

 

今日の経済指標

1/10_FX経済指標

不明な指標はこちらの用語集からどうぞ

用語集

ポンド円のチャート分析

・私のチャート設定について

・このチャートを提供するGMOクリック証券さんの口座開設はこちらです

※基本的にポジションの保有を数時間〜2、3日で考えています。

日足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-11-05-46

日足の流れを確認していきます。

赤ラインのレベルでのレンジを下抜けました。

方向とスピード感に関しては、黄色ラインのチャネルを考えています。

 

しかし、緑ラインまで目立った抵抗帯がないため、加速して走るかもしれません。

走った場合は無理に入ろうとせず、次のチャンス待ちでいいと考えています。

4時間足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-11-09-13

4時間足です。

上でも触れましたが、緑のラインまで抵抗帯がありません。

なので、黄色のチャネルのスピード感は無視して一気に下げるかもしれません。

(つまり、このチャネルは流れを可視化するために用いており、売買の判断にはあまり使う予定はありません。)

 

東京時間はヨコヨコ(若干下向きですが)になってます。

これでスピード調整して欧州で下落になるかもしれませんし、

一旦戻りを試してから下落になるかもしれません。

 

戻してくれた方が入りやすいですが・・

ヨコヨコになった場合は下にブレイクアウトした流れで入るか、レンジ上限で反発を確認して入るかですね。

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-11-09-13

個人的に今の形では新規で売りにくいなぁと思ってます。

もっと分かりやすい戻しやレンジを形成してくれないと、どこを損切りラインとして売るのか判断に迷います。

なので15時過ぎ頃にチャートを見て、損切りラインが明確ならロウソク足の勢いを見て入ろうと思ってます。

 

まぁ、10pips、20pips抜くだけなら上がったところを売ったらいいと思うんですけどね。

私のスタイルではないということと、

既に上から売れているので改めてリスクを取るのもな〜という気持ちがあります。

 

逆に買う場合は、緑のラインまで一気に下げてくれればその反発を少し取りにいくイメージです。

ジワジワ下げた場合は入らないですけどね。

無難にいくなら大きく上げるまではどこで売ろうかを考えていればいいと思います。

 

1時間足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-10-11-16-03

これだけ書いた後ですが(笑)1時間足です。

緑のボックスが下抜ける前にレンジを形成していたポイントです。

本当はこのボックス下限まで戻してから引き返してくれれば売りやすいんですけどね。

 

1番上の赤ラインは下落した時の最初に支えられていたラインです。

ここを上抜けない限り、当面は下目線で見ています。

 

ただここまで戻ってこない可能性の方が高いと思ってますので、

妥協点としては上に書いた青の波形かな〜と考えています。

※ここまで戻らず、141円を少し超えたところが戻り売りポイントになる可能性あり

 

ちょうど、上から三本目の赤ライン(青の波形の反発ポイント)は、11/25の高値になってます。

これが再度レジスタンスとして機能しています。

 

ここで止まってくれれば売ります。

損切りもラインを上に超えてきたらと明確ですので。

 

それ以外のポイントは損切りをどこに置こうか迷うので、下に抜けた場合は見送って次のポイントに備えます。

 

最後に、一番下の赤い点線のラインは反発しないと思いますが過去に一時的に抵抗帯になったポイントです。

弱いので抜けると思いますけどね。

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

本日も一日よろしくお願いします^^

 

二つのランキングに参加しています。

お役に立ちましたら、一日一度クリックしてくれると嬉しいです^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 私の分析であり、アウトプットの一環の記事です。投資を勧めるものではありません。

無料メルマガ講座

もっと詳しくFXの原理原則を知りたい人はいますか?

初日で300人、現在3000人以上が購読しているメルマガがこちらです。

メルマガ限定記事に加え、毎日お役立ち情報をお届けしています。

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

↑↑ココをクリック

 

登録して1週間後から、毎朝気になった本音などを送信してます。

 

※メールが届かない場合はこちらからお問い合わせください。