FX初心者講座

FXでダマシを回避する方法はあるの?【FX初心者講座】

 

私が使用する口座はこちら

はっちゅう君

GMOクリック証券

 

どうも、つんつんです。

今回は相場におけるダマシのことについて書いていきます。

 

この記事でダマシの概念と回避出来るかどうかについて。

次の記事ではダマシを利用する方法についてお話をしていきます。

 

それではどうぞ!

 

ダマシとは?

FXにおけるダマシとは何でしょうか。

相変わらず他の書物を参考にするわけではないので、私個人の概念で書いていきますね。

 

ダマシというのは、サポートラインを下抜けたと見せかけて再度サポートライン内に戻ってくる動きのことです。

(ブレイク失敗)

 

世間一般では買いシグナル(売りシグナル)が出たが、その動きが失敗に終わったことを言うと思います。

が、面倒くさいので今回はサポートラインを下回ったが再度戻ってきたということで統一しますね。

 

参照図

FX_ダマシ

売りシグナルが出たけど、

再度サポートライン内に戻ってきて売りシグナルが消えたということですね。

 

ダマシの種類は2種類ある

そして私の価値観では、ダマシは2種類あります。

それは、一つのロウソク足がサポートを下抜けた場合

数時間ブレイクしたが結局失敗した場合です。

一つのロウソク足が下抜けた場合

これは先ほどの画像ですね。

FX_ダマシ

これを通常のダマシとします。

 

複数のロウソク足が絡んだ場合

FX_ダマシ

このようなパターンですね。

これを長期ダマシと呼びます。(勝手に私がつけました笑)

 

ダマシを回避する方法は?

これまでにダマシの概念と種類について書いてきました。

では、こういったダマシを回避する方法はあるのでしょうか。

 

まず、100%回避する方法はありません。

が、限りなく回避するにはどうすればいいかと言うことをお話していきます。

通常のダマシの場合

ロウソク足1、2本のダマシの場合は第二波を狙うことで回避出来ます。

これは第5回で書いたものですね。

参照:【第5回】勝率の高いエントリー第二波でエントリーする

 

参照図

FX_第二波

この図のように、レジスタンスを上にブレイクで買いシグナル点灯。

その後にレジスタンスがサポートに転換し、支えられたのを確認してから買いエントリー。

これが第二波です。

 

第二波のエントリーなら、通常のダマシなら回避出来ます。

第二波について詳しくはこちら

【第5回】勝率の高いエントリー第二波でエントリーする

長期ダマシの場合

これは引っかかってもいいんじゃないですか?

FXはリスクを取らないといけません。

第二波の可能性がある場所であればリスクを取ってエントリーするべきだと思います。

逆行しても損切りをすれば良いだけですので、潔く負けで良いと思いますけどね〜。

 

長期ダマシを本当に避ける方法はないの?

100%は無理ですが、見分ける精度を上げることは出来ます。

そもそもなんでトレンドは継続すると思いますか?

下降トレンドをもとに考えてみましょう。

 

174

 

売りたい人がいるからトレンドは継続する

当たり前の話ですが、売りたい人がいるからトレンドは継続します。

では、次の2枚の図を見比べてみましょう。

 

図1

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-14-54-29

図2

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-14-54-36

図1と2、どちらが売りやすいですか?

 

トレンドが継続するかどうかはこれまでの過程が大切

一般的に言われている答えは図2です。

それは、サポートラインをブレイク前にしっかり高値を切り下げています。

このことからチャートを見ているプレイヤーが、売り圧力が強いなと準備出来ます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-14-54-36

 

で、サポートラインをブレイクした後、しっかりサポレジ転換していますね。

これも2回ほど止められています。

2度ダマシで終わらせようと試したところ超えられなかった事実ができたことにより、

買いプレイヤーは諦めてポジションを投げます。

 

買いポジションを投げるということは、新規の売りが発生します。

結果、下落します。

 

つまり、ブレイクアウトした際の過程を見て、

売りプレイヤーが準備出来る状況であればあるほど、トレンドの継続はしやすいと言えるでしょう。

 

セットアップがない場合

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-27-14-54-29

この図1のように、レンジブレイクする前のセットアップがない場合。

売る準備が出来ていない状態でブレイクアウトするので、トレンドの継続がしづらいことが多いです。

 

なので長期のダマシになる可能性もあり、見送るという選択肢も出てきます。

 

とりあえず第二波でエントリーしよう

でもこの話って初心者の方は難しいですよね?

だから、ダマシに引っかかってもいいので第二波でエントリーしてもいいんじゃないの?と思うわけです。

 

この初心者講座では、

初心者の方が出来るトレードに対するアプローチ」を目的としています。

ロウソク足の動き方で違いが分かるようになるって、上級者ですよね。

技術ありきのアプローチは早すぎると思います。

 

161205-3

 

初心者の方で無理にロウソク足を読もうとすると、ちょっとした動きで決済したくなると思いますし。

短期足のロウソク足の動きを見て逆行しているのが気になって、とかですね。

 

そういうのはまだ出来なくて良いと思います。

もっと技術がついてからでいいかと。

 

なのでそんなに難しいことを考えず、第二波でエントリーする。

それだけで通常のダマシは回避出来ます。

で、長期のダマシは引っかかってもOKです。

そのかわりすぐに損切りしましょう。

 

難しくしすぎず、まずはシンプルなルールで良いと思いますよ!

 

%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a8%e3%83%9a%e3%83%b3

 

次回はダマシを利用するトレードを紹介します。

さほど長くならない予定です。

 

他のテクニック記事を読みたい方はこちら

 

二つのランキングに参加しています。

お役に立ちましたら、一日一度クリックしてくれると嬉しいです^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

私のノウハウを全て学べるメルマガ講座を始めました。

 

ほぼ毎日届く無料メルマガ講座です。

 

初日で300人の登録があり、現在は3000人以上が購読していただいております。

メルマガ限定記事も18個あり、音声動画も多数あります。

 

是非トレードにお役立てください。

 

今後の方針やコラムなども、メルマガだけで書いたりしているそうです。

 

この続きはメルマガでお会いしましょう!

 

ご登録はこちら