FX初心者講座

ダウ理論を簡単に解説してみた【FX初心者講座】

私が使用する口座はこちら

はっちゅう君

GMOクリック証券

 

どうも、つんつんです。

今回は初心者の方でも分かりやすいよう、ダウ理論について書いていきます。

 

賛否両論あるかもしれませんが、重要だと思う部分しか書きません。

 

なぜなら知識をつけてもらうために、この記事を書くわけではありません。

トレードで勝てるようになってもらうために今から記事を書くんです。

なので、ダウ理論をすべて知ってほしいわけではありません。

 

というわけで勝つために必要な部分だけをこれから書いていきますね。

 

音声動画版をご希望の方はこちら

音声版(メルマガ限定)FXの基礎、ダウ理論を学ぶ

メルマガ会員限定です。

会員登録はこちら。

FX_無料メルマガ講座

 

この記事で知れること

ダウ理論を知ることで、

「今買えばいいのか、売ればいいのか」が分かる。

 

ダウ理論の定義

ダウ理論の定義は以下の6つから成り立ちます。


・トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

・平均はすべての事象を織り込む

・トレンドには3種類ある

・主要トレンドは3段階からなる

・平均は相互に確認されなければならない

・トレンドは出来高でも確認されなければならない


 

bil0131-003
こんなにたくさんあります。

が、今回解説するのは赤文字の部分です。

つまり「トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する」だけです。

 

他の5つは知らなくてもトレード出来ます。

しかし、赤文字の部分だけは知らないとトレードが出来ません。

 

なので分かりやすいよう解説していきます。

 

FXはトレンド相場とレンジ相場がある

FXに限らずすべての相場に言えますが、トレンド相場とレンジ相場があります。


トレンド相場 → 値が一方向に進んで行く相場

レンジ相場 → 一定の価格帯で行ったり来たりする相場


 

トレンド相場とレンジ相場は上記のような相場です。

文字だけではなく、下の図で解説していきます。

 

トレンド相場参考図(1)

FX_上昇トレンド

このようにトレンド相場は一方向に値が進んでいきます。

今回は値が上がっているので、上昇トレンドと言います。

 

トレンド相場参考図(2)

FX_下降トレンド

先ほどは上昇トレンドでしたが今回は下降トレンドです。

 

 

レンジ相場参考図

FX_レンジ相場

先ほどまでとは違い、同じ価格帯で推移しています。

これをレンジ相場と言います。

 

トレンド相場の定義は何?

これまでトレンドとレンジについて説明してきました。

さて、ダウ理論ではじめにお伝えした定義を覚えてますでしょうか。

 

・トレンドは明確な転換シグナルが発生するまでは継続する

 

これですよね。

トレンドは分かったけど、

転換シグナルってそもそも何?ですよね。

 

そのためにトレンドの定義をもう少し深掘りしていきましょう。

 

安値と高値の切り上げ

何をもってトレンド相場というのか。

上昇トレンドを例にとって見ていきましょう。

 

参考図

上昇N波動

トレンドの定義はこういうことです。

上昇トレンドだからといって、ずっと一本調子に上げるわけではないですよね。

価格が上昇して少し下がって、また上昇する。それの繰り返しです。

 

その時に大切なのは、

前回の安値を割らずに高値を更新することがトレンドの定義です。

 

トレンドは明確な転換シグナルが発生するまで継続する

いよいよダウ理論のまとめの部分です。

 

上昇N波動

上の画像のように、安値と安値の切り上げ。

高値と高値の切り上げが見られる限り上昇トレンド継続です。

そのことを念頭にトレードしていけば、上昇トレンドが出ている時に買い場を探すことが出来ます。

 

今は買いで仕掛ければいいのか売りで仕掛ければいいのかは、ダウ理論を知っていれば判断出来ます。

(もちろん上昇トレンドでも売る局面はありますが、後日記事更新)

 

FXの基本はこの部分になります。

 

トレンドが崩れた判断はどうすればいいのか

でも、明確な転換シグナルって何?ですよね。

ここまでで答えは出ているんですが、少し考えてみてください。

 

 

174

 

どうですか?大丈夫ですか?

答えをお伝えしますね。

 

下降トレンド発生が転換シグナル

上昇トレンドの転換シグナル。それは下降トレンドの発生です。

 

参考図

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-15-43-28

例えばこれは安値と安値が切り上がり、高値と高値が切り上がってますよね。

ということは上昇トレンド継続です。

 

参考図

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-15-45-45

この画像のように – – – – – – – – のライン通りに進んでいれば上昇トレンドでした。

しかし、下に切り返してきて安値を割ってしまいました。

 

この時点で、安値と安値の切り上げが崩れました。

つまり、上昇トレンドが崩れたということになります。

文字にすると難しいので、画像で覚えてくださいね。

 

と、同時に下降トレンドの発生となります。

 

参考図

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-18-15-49-52

水色が高値

オレンジが安値です。

 

一つ目の高値に対し、2つ目の高値が切り下がって

安値と安値も切り下がってますね。

ということは下降トレンド形成になります。

 

この時点で

今までの買い場を探す展開から売り場を探す展開に変わります。

 

まとめ

ダウ理論を知ることで、

買い場を探せばいいのか売り場を探せばいいのかが分かります。

 

この理論を通じて、トレードスタイルを構築していくことになります。

今日からしばらく毎日更新していきますね!

 

他のテクニック記事を読みたい方はこちら

 

二つのランキングに参加しています。

お役に立ちましたら、一日一度クリックしてくれると嬉しいです^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

私のノウハウを全て学べるメルマガ講座を始めました。

 

ほぼ毎日届く無料メルマガ講座です。

 

初日で300人の登録があり、現在は3000人以上が購読していただいております。

メルマガ限定記事も18個あり、音声動画も多数あります。

 

是非トレードにお役立てください。

 

今後の方針やコラムなども、メルマガだけで書いたりしているそうです。

 

この続きはメルマガでお会いしましょう!

 

ご登録はこちら