トレードテクニック

FXでエントリーを逃した原因とその後の対策について(中編)

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-14-07-47

 

さて、この記事は前回の記事の続きです。

前編の記事はこちら:FXでエントリーを逃した原因とその後の対策について(前編)

 

では、エントリーをしたいが出来なかった理由の続きを見ていきます。

 

 

毎日配信される、初心者向けメルマガ講座です。

エントリータイミングがずれても利益を出す方法など、メルマガ限定記事が多数あり。

FX_無料メルマガ講座

 

 

2、待ちすぎた / 決断出来なかった

次に多かったのがこのご意見でした。全体の23%です。

後述するエントリー根拠が分からなかったとは別で、

エントリー根拠は分かるけれども良いポイントで入ろうとしすぎてエントリータイミングを逃してしまうパターンです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-14-06-19

 

決断する時はリスクリワードを考えて入る

私も待ちすぎてしまい、エントリーを逃すことは多かったです。

実際に克服したきっかけとなったのは、

リスクリワードを考えてエントリーするようになったことがきっかけです。

 

大切なのはリスクリワードを考えてエントリーすることです。

「これだけのリスクでこれだけのリターンが得られるのでエントリーしよう」

「こんなにリスクをとるのに、リターンはこれだけならエントリーを見送ろう」

 

このような考え方ができるようになります。

 

 

引きつけるか、一つ見送るか

私はエントリーに関して、引きつけるか見送るかが大切だと思います。

こちらの図をご覧いただき、どういったことかお考えいただけますでしょうか。

 

 

 

参考図

機会損失_FX_エントリー出来なかった

これは各色の丸でエントリーした時に、どこを損切りポイントにするかを表した図です。

 

赤い線の価格帯でレンジを形成しており、レンジ上限で押しを作ってから上抜けたパターンです。

私は損切りについてダウ理論に基づいて考えています。

 

※ダウ理論で上昇トレンドは直近安値と高値を切り上げていきます。

参考図

上昇N波動

いわゆる上昇N波動ですね。

この上昇トレンドのNの波形が崩れたところが損切りポイントになると考え、先ほどの図を考察していきます。

 

 

参考図

機会損失_お題

参照:サポレジ転換(リターンムーブ)

水色丸のエントリー→サポレジ転換を見越して、短期足では逆張り気味でエントリー

黄色丸でエントリー→レンジブレイク後、直近高値を超えたためサポレジ転換完了とみなしエントリー

緑色丸でエントリー→高値を追いかけてしまったエントリー

紫色丸でエントリー→トレンド発生後に押し目を待ってからエントリー

 

各丸については、上記理由でエントリーしております。

 

 

リスクを考えて機械的にトレードをする

大切なことはリスクに対してどれだけのリターンを得ることが出来るかということです。

これはトレンド相場を題材にしていますので、高値の更新が見込まれる相場です。

そのような環境認識のもとなら、水色や黄色、紫色のポイントというのはリスクリワードが良くなります。

 

であれば勝率が50%しかなくても利益は残りますよね。

そのようなエントリーはリスクを取って仕掛けるべきだと思います。

 

結果、損失になるようでしたら、シナリオのたてかたや環境認識が間違っていたことになります。

修正箇所が絞り込めてくるので、今失敗したとしても将来的に見ればプラスになります。

 

リスクが限定されていて、エントリー根拠がいくつか揃っているならエントリーしても良いのではないでしょうか。

最終的に白か黒か決める時に、エントリーするための理由を探しすぎると決断出来なくなるものです。

トレードには必ず一定のリスクがついてきます。

 

 

緑色の丸ではエントリーしてはいけない

機会損失_FX_エントリー出来なかった

ただ、緑色の丸ではエントリーしないようにしましょう。

このポイントは損切りポイントを黄色のラインまで下げなければ設定出来ません。

これではいたずらにリスクリワードが悪化します。

 

その場合は見送り、紫色の丸のポイントまで待ち、エントリーしましょう。

 

 

まとめ

・エントリーは水色の丸か黄色の丸まで引き付ける

・緑色の丸まで行った場合は、紫色の丸まで見送る

・リスクが限定されている局面で思惑の通りに進んでいるなら、エントリーすることを心がける

 

以上が今回の記事でお伝えしたかったことになります。

このレベルまできている人は、後少し考え方を変えるだけで勝てる人も多いと思います。

 

今日の記事が何かのきっかけになれば幸いです。

 

 

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-12-07-14-07-47

 

・損失が恐くエントリー出来なかった

・エントリー根拠が分からなかった

 

これら二つについては後日解説していきたいと思います。

ではまた。

 

 

前回までの関連記事:機会損失に対してのアンケートについて

利食いが待てない。早めに決済する原因と対処法(前編)

利食いが待てない。早めに決済する原因と対処法(後編)

FXでエントリーを逃した原因とその後の対策について(前編)

 

他のテクニック記事を読みたい方はこちら

 

二つのランキングに参加しています。

お役に立ちましたら、一日一度クリックしてくれると嬉しいです^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

私のノウハウを全て学べるメルマガ講座を始めました。

 

ほぼ毎日届く無料メルマガ講座です。

 

初日で300人の登録があり、現在は3000人以上が購読していただいております。

メルマガ限定記事も18個あり、音声動画も多数あります。

 

是非トレードにお役立てください。

 

今後の方針やコラムなども、メルマガだけで書いたりしているそうです。

 

この続きはメルマガでお会いしましょう!

 

ご登録はこちら