ファンダメンタルズ

10/25のポンドはハモンド/カーニーさんの発言で上下に

 

10/25のポンドは要人発言で上下に振れました。

 

ハモンド財務相発言でポンド安に

まずはポンドが急激に売られました。

一部報道で、ポンドが売られた原因としてハモンド財務相の発言が取り上げられています。

 

ハモンド財務相

「この先、英中銀が追加の量的緩和を要請しても否定する理由は無い」

 

結果、緩和が推進されている→ポンドが売られるという流れが生まれたということです。

 

ハモンド財務相とメイ首相との対立

余談かつリマインドですが・・。

この件についてはメイ首相が今月、

金融緩和策について副作用があると批判していましたね。

 

以前もお伝えしましたが、メイ首相とハモンド財務相の間で対立があると現地では報じられています。

・メイ首相→ハードBrexit支持

・ハモンド財務相→ソフトBrexit支持

 

原因はこのBrexitについての考え方ですね。

今回もハモンド財務相は金融サービス業界の要望に応えることを最優先課題にすると表明しています。

 

なのでハモンド財務相は、

EU単一市場にアクセス出来るソフトBrexitを希望しており

メイ首相との意見の相違は続いているように見受けられます。

 

カーニーさんの発言でポンド買い戻し

その後、カーニーさんの発言でポンドの買い戻しが起こりました。

 

カーニーBOE総裁

「金融政策の決定にポンド安を考慮。次回の金融政策委員会(MPC)ではポンド安に焦点があたる」

 

この発言を受け、

利下げをすると一段とポンド安になってしまう→利下げしないのでは?との見方が広がりました。

 

利下げするかもしれないという理由でポンドが売られていましたが、

その根拠が打ち消されたため買い戻しが入り、ポンドが上昇しています。

 

今週のイベント

今週の予定として、木曜日に英国のGDPが発表されます。

その他、際立って重要な英国関連の予定はありません。

 

 

二つのランキングに参加しています。

一日一度クリックしてくれると励みになります^^

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


FX初心者 ブログランキングへ