ファンダメンタルズ

イラク、政情不安で増産凍結免除を要請

 

 

Opec第2位の産油国であるイラクが

イスラム国との軍事作戦を展開していることから、

増産凍結を免除されるべきだとの考えを明らかにしました。

 

増産凍結免除はイラクだけ?

増産凍結の免除は政情不安のナイジェリアやリビアなどに適用されており、それならばとイラクも主張している状況です。

すでに9月末のOPEC非公式会合で免除を申し入れたそうです。

 

具体的な要人発言は?

イラク国営石油会社 (SOMO) のファラフ・アーメリー社長も、下記の様に述べています。

・我々は1日470万バレルの指標を超えた。

・後戻りするつもりはない。これは主権の問題だ。

 

OPEC非公式会合で決められた増産凍結についての内容で

各国に対する具体的な上限量に関する合意はまだありません。

 

具体案はいつ決定するの?

具体案については、

11月28~29日にウィーンで開かれる会合で話し合っていきたい考えです。

増産凍結の具体案に合意が得られなければ

原油価格の下落要因となり、為替にも影響を及ぼすので注意が必要です。

 

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


FX初心者 ブログランキングへ