相場分析

10/20 ポンド円相場分析|ECB理事会の開催

 

2つのランキングに参加しています。

お読みいただく前に、応援してくれると嬉しいです^^

  にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ

 

 

 

初心者が、

<圧倒的に勝てるようになる>

メルマガ講座を始めました。

本当に勝てるようになるには原理原則を知らなければいけません。

ノウハウだけではなく、面白くて読みやすいメルマガにしています。

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

↑↑ココをクリック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 

 

 今日の経済指標

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-12-30-05

10/17 ~ 10/21経済指標

木曜日の指標解説

米 新規失業保険申請件数
生産者物価指数(PPI)
経常収支
中古住宅販売件数

他、後ほど更新予定

 

昨日の市場

昨日の指標結果や伝わってきたニュースなどを見ていきましょう。

ドイツ政府、英国の50条発動前は話し合いをしない

今日から2日間にわたってEU首脳会談が開催され、英国からはメイ首相が初の参加になります。

Brexitに関しての事前交渉が行われる憶測もありましたが、これを否定した形です。

今日、明日と突発的な発言が伝わる可能性があるため、注意が必要です。

 

ハモンド財務相とメイ首相が対立?

今月、メイ首相が英中銀の政策をめぐり、緩和策に副作用があると釘をさしました。

また、移民政策を第一に、ハードBrexitを想定している報道が伝わっています。

 

しかし、今回ハモンド財務相は、下記のように述べました。

・金融政策は政府から独立して決定される。

・中銀の金融政策委員会は今後も金利決定のほか非伝統的な金融政策をめぐる助言を行っていく

・EU単一市場へのアクセスは維持される可能性がある

 

あれ?言ってること食い違ってない?と思って調べたらこんな記事が。

英財務相、移民政策めぐり閣僚と対立するも辞任はせず=現地紙

参照:ロイター

 

メイ首相→ハードBrexit支持

ハモンド首相→ソフトBrexit支持で対立しているという報道があるようです。

 

これはまた一波乱あるかもしれませんね。

 

ハードBrexitが不明の方はこちらの記事上段部分を参照ください。

10/4 ポンド円相場分析|ポンド安継続なるか

 

失業率など英国の指標は無風通過

結果 予想 前回
失業保険申請件数 700件 3200件 7100件
失業率 2.3% 2.2% 2.3%
失業率(ILO方式) 4.9% 4.9% 4.9%

失業保険申請件数の結果は堅調でしたね。

11月のMPC理事会では、利下げが見送られるとの見方が浮上しています。

→指標結果が良いので、英中銀が利下げしない思惑

その結果を裏付けるような堅調さとなりました。

 

今日の市場

今日は東京時間にダドリー総裁の発言と大統領選のTV討論会。

ロンドン時間は、ECB理事会が予定されています。

 

大統領選のTV討論会は最後の開催になります。

これまでは無風ですが、念のためご注意ください。

 

ECB理事会に関しては、大きな緩和は予定されていません。

一つあるとすれば、キャピタル・キーと呼ばれるECBへの出資割合に応じて

その国の国債の買い入れを行うという現在の規定を緩和する可能性です。

 

ただ、量的緩和の縮小を模索し始めているとの報道があったことから、ドラギECB総裁の発言まで気が抜けません。

今日はご注意ください。

 

ポンド円のチャート分析

・私のチャート設定について

・このチャートを提供するGMOクリック証券さんの口座開設はこちらです

※基本的にポジションの保有を数時間〜2、3日で考えています。

月足の大きな流れを確認

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-7-22-43

月足です。

ついに週足では足りなくなってしまいました。

そろそろ一時的な反発があってもおかしくない価格帯に入ってきましたね。

 

ただ、かなり売り圧力が優勢なので、上げても止められる展開になると想定しています。

反発に注意しながら、どのポイントで売るのかが焦点になってきそうです。

 

日足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-7-25-24

大きく見ればこの黄色ライン内の動きですね。

日足レベルで見れば、レンジの中段での動きです。

 

この後、短期(中期)のシナリオを解説しますが、

日足レベルでは方向感が出ていないため、勢いの継続性に注意したいことを前提 にしたいです。

 

4時間足の流れとサポート・レジスタンス

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-7-29-22

4時間足でのサポートやレジスタンスです。

R1からS1の価格帯ですが、分かりやすいチャネルラインが引けました。

斜めの黄色ラインですね。

 

このライン内での値動きがメインシナリオとして戦略を立てていきたいと思います。

 

 

買う場合のシナリオ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-7-32-51

買う場合のシナリオです。

チャネル下限でWの波形が出たら買いです。

無理に入ろうとせず、さほど欲張らずに利食いもしたいと考えています。

(日足の環境が優位性がないため)

 

売る場合のシナリオ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-20-7-35-08

1時間足です。売る場合のシナリオです。

画像のような波形が出れば売りたいです。

 

エントリーに関してはちょっと遅いくらいを想定しています。

チャネル下限を抜けた後は、すぐ下にS1がありますね。

結局エントリーの時はチャネル下限が意識されているのか、S1が意識されているのかを判断しなければいけません。

 

これは値動きに現れます。

なのでS1で反発し、”W”の波形が出るようなら建値決済or損切りを想定しています。

少し神経質な動きになるかもしれませんので、注意したいと考えています。

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

本日も一日よろしくお願いします^^

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 私の分析であり、アウトプットの一環の記事です。投資を勧めるものではありません。