相場分析

10/18 ポンド円相場分析|英・米・NZのCPIの発表

 

2つのランキングに参加しています。

お読みいただく前に、応援してくれると嬉しいです^^

  にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ

 

 

 

初心者が、

<圧倒的に勝てるようになる>

メルマガ講座を始めました。

本当に勝てるようになるには原理原則を知らなければいけません。

ノウハウだけではなく、面白くて読みやすいメルマガにしています。

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

↑↑ココをクリック

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 今日の経済指標

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-16-10-17-47

10/17 ~ 10/21経済指標

火曜日の指標解説

消費者物価指数(CPI)
RBA(豪中銀)議事要旨
生産者物価指数(PPI)
NAHB住宅市場指数

他、後ほど更新予定

 

昨日の市場

昨日は材料難で小動きでしたね。

フィッシャーFRB副議長の発言

フィッシャーFRB副議長

・低金利で投資家のリスク許容度は高まるが、一部の金融機関の資本拡充は困難になる

・だからといって利上げすればいいと単純な問題ではない

・コアPCEで1.7%は2%の目標に近い。

・インフレ目標の引き上げは気が進まない。

 

利上げに関してのヒントはなく、特に大きな反応は見られませんでした。

 

 

今日の市場

今日は英国・米国の消費者物価指数(CPI)が発表されます。

英国の場合は、この数値が良いと一時的にポンドは買い戻され、上昇すると見ています。

ただそれも一過性のもので、いずれ下落に転じると思います。

なので上がったところは売り場になると想定しています。

→明日以降の売り場になるかもしれませんが。

 

米国の場合は、数値が悪くなければ利上げへの後押しと見て、ドルが買われるでしょう。

どのような結果であれ、動く可能性がある指標なので注意が必要です。

 

個人的に注目なのが、NZの四半期消費者物価指数(CPI)です。

RBNZ(NZ準備銀行)は、来月の11/9に利下げをするとの見方が一般的です。

 

理由はインフレ率の低下が原因なので、消費者物価指数(CPI)の数値が低い事が原因ですね。

なので、この数値が低ければ、利下げの公算が高まり更なる下落が考えられるとみています。

 

ただ記事を書いている最中に発表があり、

NZのCPIの結果が+0.2%(予想0%)と、予想を上振れする結果となりました。

そのためNZDが上昇しています。

利下げをしない可能性があると想定され、上昇していることが濃厚です。

 

この流れが続くようだと、NZDは押し目を見て買いたいとみています。

→これまでの下落の根拠が否定されたため

今日はどのような値動きになるのか監視してみます。

 

ポンド円のチャート分析

・私のチャート設定について

・このチャートを提供するGMOクリック証券さんの口座開設はこちらです

※基本的にポジションの保有を数時間〜2、3日で考えています。

月足の大きな流れを確認

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-6-39-03

月足です。

ついに週足では足りなくなってしまいました。

そろそろ一時的な反発があってもおかしくない価格帯に入ってきましたね。

 

ただ、かなり売り圧力が優勢なので、流れには乗っていきたいです。

反発に注意しながら、どのポイントで売るのかが焦点になってきそうです。

 

日足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-6-41-37

最近の値動きは中途半端なところで揉み合っていますね。

ロウソク足も髭が多く、方向感がありません。

日足目線で見ると、難しい状況が続いています。

あまりトレードに適さない環境ですね・・。

 

目線は下ですが、次の実体が出るロウソク足がどちらに出るのか。

また、その勢いはどの程度のものか注目です。

上昇したとしても分かりやすいところで止められれば、絶好の売り場になると想定しています。

 

4時間足の流れとサポート・レジスタンス

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-6-44-15

4時間足でのサポートやレジスタンスです。

R1〜S1の価格帯ですね。一時的にレンジになっています。

今はレンジの中段付近なので方向感はなくなりやすいですね。

 

こういった時は短期足を見ると、直近の値動きが小さいため、勢いが出たように見えるかもしれません。

ただその勢いに任せてエントリーしてしまうと、値動きが上下に振れるのでちょっとしたことでストップにかかりやすいです。

よほどでなければエントリーはS1かR1近辺で行いたいと考えています。

 

売り圧力が優勢ではありますが、だらだらと戻し局面にあるといったところです。

昨日もお伝えしたんですが、直近高値のR1も、なかなかラインが揃わないところで止まったなーと思います。

4時間足で見れば高値も安値も切り上げていってますからね。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-17-7-33-15

ざっくりとこんな感じの波形ですね。

高値切り下げ、安値切り下げにならないと新規の売りも入りづらいんですよ。

なので、高値切り下げ、安値切り下げの波形を待って入ることが売る場合のシナリオと考えています。

 

買う場合のシナリオ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-6-59-56

1時間足です。買う場合のシナリオです。

これは17:30の英国CPI発表以降の場合に限り想定しています。

英国CPIで大きく上昇する可能性もあります。

その場合は短期で買うことも視野に入れています。

 

大きく抜きにいく場面ではないと思うので、目標値に達すれば利食いする予定です。

 

売る場合のシナリオ

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-7-02-02

1時間足です。売る場合のシナリオです。

昨日は想定していた通りの値動きになりました。(残念な方ですが・・)

今の下げ方は勢いが出づらく、あまり好きではないんですよね。

 

売る場合は一度R1まで上昇してくれて、

高値切り下げの波動を形成してくれればレンジの上限での反発と見込んで売りやすいと思っています。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-18-7-23-18

こういった波形ですね。

 

もう一つのシナリオであるS1を下抜けた場合の戻り売り待ちだと、下抜ける時の勢いは大切だと思います。

それ相応のエネルギーを持ってしないと、反発するリスクが高いですからね。

そうなった場合に買いでついていくのかというと、個人的にはやらないと思います。

 

S1を下抜いた場合も戻りを待ち、止められたことを確認してエントリーしたいと考えています。

 

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました。

本日も一日よろしくお願いします^^

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 私の分析であり、アウトプットの一環の記事です。投資を勧めるものではありません。