FX用語集

CMEのIMM通貨先物ポジションからFXの市場心理を把握する

CMEのIMM通貨先物ポジションとは?

シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)で取引されている通貨先物のポジションのこと。

この数値はヘッジファンドなど、いわゆる投機筋のポジション動向を示しています。

ロングが増えれば買いポジションの増加。

ショートが増えれば売りポジションの増加です。

 

余談ですが、IMMという名称は日本ではまだ使われていますが、CMEでは既に使われていないようです。

 

CMEのIMM通貨先物ポジションの使い方や見方

CMEのIMM通貨先物ポジションを確認出来るサイト

URL:http://www.forexwatcher.com/cmepos.htm

 

参考図

スクリーンショット 2016-09-04 18.29.22

見方

左側のコントラクトと書いている下の数値をご覧ください

0を境に+だとロングポジションの枚数。

−だとショートポジションの枚数になります。

 

詳しい枚数は、一番下のピンクの欄に書いています。

8/30は、ショートが92,485枚ですね。

 

使い方

買いポジション(ロング)が過大になれば下落。

売りポジション(ショート)が過大になれば上昇。

 

私個人的な使い方としては、

ショートポジションが溜まっているな〜。

ということは下げ止まるかな〜。

程度に思っています。

ショートポジションが増えている→即座に買うというわけではないですね。

 

ちなみにショートポジションが増えすぎると、新規で売りたい!という人が出なくなります。

周りのトレーダーがみんなショートしていると、次に誰がショートするんだよ!ということですね。

なので、一旦下げ止まり、下落が進まないという現象が起きます。

 

理由

投機筋のポジションは利ざやを狙ったトレードをするので、

一度エントリーしたポジションはいつか手仕舞われます。

皆さんもトレードをするとき、エントリーした後に利食いなり損切りなどしますよね。

 

なので、投機筋のポジションが増える=いつか手仕舞うので反転する危険性がある。

ということになります。

 

 

ランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村