相場分析

9/5 ポンド円相場分析

スクリーンショット 2016-09-05 7.55.35

初心者 / ポンド円 / Brexitにて暴落 / 英中銀が利下げ決定 / 米/加 休日 レイバー・デイ / 黒田日銀総裁の発言(きさらぎ会における講演) / 財新メディアサービス業PMI

 

 

 

トレードスキルなどをまとめたメインページは下のボタンをクリックしてください^^

スクリーンショット 2016-08-07 22.58.49

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・米/加 休日 レイバー・デイ

・10:45 中 財新メディアサービス業PMI

・11:30 日 黒田日銀総裁の発言(きさらぎ会における講演)

・16:55 独 サービス業PMI(改定値)

・17:00 欧 サービス業PMI(改定値)

・17:30 英 8月 サービス業PMI(予想:50.0)

・18:00 欧 7月 小売売上高

9/5~9/9 経済指標

 

 

皆さん、おはようございます。

今週も一週間よろしくお願いします。

 

さて、今日は米国がレイバーデイで休場です。

レイバーデイは夏のバカンスシーズンの終了を意味します。

なのでレイバーデイ明けの明日からは、

相場の流れが変わったり、ボラが出やすい週だと言われています。

 

ただ今日は動きが出るとしても夕方を少し回ったところくらいまでを想定しています。

そのため高値追い、安値追いは控えたい地合です。

 

雇用統計の結果などについては、昨日掲載の記事に記載しています。

興味のある方はこちらの記事をどうぞ

9/5~9/9 経済指標

 

本日の指標は黒田日銀総裁の発言と、英国のサービス業PMIがあります。

英国の指標は好結果が続いているため、悪い結果になるとネガティブサプライズとして反応するかもしれません。

17:30からなので、ご注意くださいね。

 

 

 

 

・チャート設定について

スクリーンショット 2016-09-05 7.41.19

月足・週足です。

Brexitで大きく下抜けました。

週足レベルだと152円を上抜けない限り、下圧力がかかりやすいです。

 

直近の上昇は143円近辺で反発しました。

ここが戻りターゲットになるのではないかと注目しています。

 

現状は安値を更新せず、上昇しています。

レンジになるシナリオですね。

移動平均線が気になりますが、どこまで上昇するかに注目です。

 

 

 

左から<<日足・四時間足・一時間足>>

スクリーンショット 2016-09-05 7.41.46

依然として上昇圧力が強いですね。

サポートとレジスタンスを見ていきます。

 

4時間足

スクリーンショット 2016-09-05 7.55.35

綺麗な上昇トレンドが続いていますね。

そろそろ調整が入ってもおかしくないんですが、力強いです。

これまで上昇トレンドが長い時間続いている事と米国が休場なので、

本日は調整のレンジor少し売られる展開になるかもしれませんね。

 

 

 

1時間足

スクリーンショット 2016-09-05 7.51.24

買うシナリオです。

 

レンジになるかもしれないと想定しているので、高値近辺での買いは控えたいです。

サポートに引きつけて反発してから買い。

もしくはレジスタンスを突破した後の押しを待ち、止められれば買いを想定しています。

 

ある程度下げたとしても、調整の一環だと判断し、下がったところで買いたいと思っています。

 

 

1時間足

スクリーンショット 2016-09-05 7.53.34

売る場合のシナリオです。

 

138円近辺のサポートを下抜けたことを確認し、

その後の戻りが止められれば売りたいと想定しています。

 

上昇圧力が強いので、短期で考えています。

 

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

 

 

相場の本質を学ぶための

無料メルマガ講座始めました

 

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

 

・相場の原理原則を知り、エントリーすべき相場環境を知る

・プロスペクト理論から考察する強いトレンドの見分け方

・FXで勝つために最も大切な◯◯を詳しく解説してみる

 

これはメルマガ講座のほんの一部です。

登録すれば全て読めるようになります。

ほぼ毎日勝てるようになるための情報をお届けします。

 

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 私の分析であり、アウトプットの一環の記事です。投資を勧めるものではありません。