相場分析

9/5〜9/9 経済指標と注意点

 

ブログの記事を分かりやすくまとめたメインページは下のボタンをクリックしてください^^

スクリーンショット 2016-08-07 22.58.49

 

 

 

9/5〜9/9の経済指標を記載します。

・月曜日→米/加 休日 レイバー・デイ

・月曜日→黒田日銀総裁の発言(きさらぎ会における講演)

・火曜日→豪 RBA政策金利発表

・水曜日→英 カーニーBOE総裁の発言

・水曜日→豪 4-6月期GDP / 米 ベージュブック

・木曜日→欧 ECB政策金利 / ドラギ総裁の定例記者会見

 

 

9/5 (月)

・米/加 休日 レイバー・デイ

・10:45 中 財新メディアサービス業PMI

・11:30 日 黒田日銀総裁の発言(きさらぎ会における講演)

・16:55 独 サービス業PMI(改定値)

・17:00 欧 サービス業PMI(改定値)

・17:30 英 8月 サービス業PMI(予想:50.0)

・18:00 欧 7月 小売売上高

 

 

9/6 (火)

・10:30 豪 4-6月期 経常収支

・13:30 豪 RBA政策金利発表

・14:45 ス 4-6月期GDP

・15:00 独 7月 製造業新規受注

・16:15 ス 8月 消費者物価指数

・18:00 欧 4-6月期GDP(確定値)

・23:00 米 8月 ISM非製造業景況指数(総合)

・23:00 米 8月 米労働市場情勢指数(LMCI)

 

 

9/7 (水)

・07:45 NZ 4-6月期 四半期製造業売上高

・10:30 豪 4-6月期GDP ←豪ドルは変動幅が大きくなりがち

・15:00 独 7月 鉱工業生産

・17:30 英 7月 鉱工業生産指数 / 7月 製造業生産指数

・18:15 英 カンリフBOE副総裁の発言

・22:15 英 カーニーBOE総裁の発言

・23:00 加 カナダ銀行の政策金利発表

・27:00 米 ベージュブック

 

 

9/8 (木)

・中 8月 貿易収支(時間未定)

・08:50 日 GDP(改定値)

・10:30 豪 7月 貿易収支

・20:45 欧 ECB政策金利

・21:30 欧 ドラギ総裁の定例記者会見

・21:30 米 前週分 新規失業保険申請件数

・28:00 米 7月 消費者信用残高

 

 

9/9 (金)

・08:50 日 8月マネーストックM2

・10:30 中 8月 消費者物価指数 / 8月 生産者物価指数

・10:30 豪 7月 住宅ローン件数

・15:00 独 7月 貿易収支

・21:30 加 8月 新規雇用者数 / 失業率

・23:00 米 7月 卸売在庫

 

 

 

先週の金曜日は注目されていた米国の雇用統計がありましたね。

前回 予想 結果
非農業部門雇用者数 +25.5万人→+27.5万人 +18.0万人 +15.1万人
失業率 4.9% 4.8% 4.9%

 

9月利上げのマジックナンバーは+19.0万人と言われていました。

しかし結果は+15.1万人だったんですよね。

 

これだけをみると利上げは難しいんですが、前回の雇用が+2万人、上方修正されました。

これを受けて直近3ヶ月は、+29.2万人・+27.5万人・+15.1万人です。

平均すると、+24万人弱になります。

 

3ヶ月平均で見ると利上げに対して十分すぎる数値なんですよね。

相場もドルが売られているわけではないので、

9月利上げは可能性として残されているとみられていそうです。

 

9/4時点での、FRBの利上げ予想を見てみましょう。(左の数値は8/28時点のもの)

据え置き 利上げ
9月 67%→79% 33%→21%
11月 61.5%→74.1% 38.5%→25.9%
12月 40.9%→49.4% 59.1%→50.6%

参照:CME

 

若干利上げ期待は下がっていますが、年内利上げの予想は強いですね。

雇用統計の数値が微妙すぎて、白黒ハッキリ出来ないようです。

もうFOMC待ちですね。

 

 

続いてポンドの動向です。

CMEのIMM通貨先物ポジションを確認すると、

ポンドがドルに対して少しショートポジションが若干減少です。

引用:http://www.forexwatcher.com/cmepos.htm

スクリーンショット 2016-09-04 18.29.22

 

まだまだショートポジションが多い状況には変わりありません。

ショートカバーが起きた時の上昇には気をつけたい地合です。

 

 

最後に今週ですが、月曜日は米国が休場です。

なので月曜日は夕方を少し回ったところくらいまでですかね〜。値動きがあるのは。

火曜日からは活発になりそうですが、イベントとしては豪州・欧州の政策金利の発表。

そして英国のカーニーBOE総裁の発言と、豪ドル/ユーロ/ポンドの動く材料が多めです。

 

指標や発言の時間帯には注意して、頑張っていきましょうね。

 

今週も一週間、よろしくお願いします^^

 

 

ランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

 

相場の本質を学ぶための

無料メルマガ講座始めました

 

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

 

・相場の原理原則を知り、エントリーすべき相場環境を知る

・プロスペクト理論から考察する強いトレンドの見分け方

・FXで勝つために最も大切な◯◯を詳しく解説してみる

 

これはメルマガ講座のほんの一部です。

登録すれば全て読めるようになります。

ほぼ毎日勝てるようになるための情報をお届けします。