相場分析

9/2 ポンド円相場分析

スクリーンショット 2016-09-02 8.23.06

初心者 / ポンド円 / Brexitにて暴落 / 英中銀が利下げ決定 / 英 建設業PMI / 米 雇用統計 / +19万人を超えてくるかどうか

 

 

 

 

トレードスキルなどをまとめたメインページは下のボタンをクリックしてください^^

スクリーンショット 2016-08-07 22.58.49

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・08:50 日 8月 マネタリーベース

・17:30 英 建設業PMI

・18:00 欧 7月 卸売物価指数

・21:30 米 雇用統計

・21:30 米 7月 貿易収支

・23:00 米 7月 製造業新規受注

8/29〜9/2 経済指標と注意点

 

 

 

おはようございます。

昨日は英国の製造業PMIが発表され、サプライズ的に良かったです。

 

前回 予想 結果
製造業PMI 48.2 49.0 53.3

 

好不況境目の50割れ予想の49.0が、その数値を大きく超えてくる53.3という結果でした。

ポンド安→卸売価格上昇(原価上昇)→販売価格上昇といったカラクリはありますけどね。

 

このサプライズには市場も大きく反応し、ポンド円が急騰。

少しくらい調整が入ってもおかしくないはずなんですが、どこまで上げるんでしょうか。

 

スクリーンショット 2016-09-02 7.59.33

参照:OANDA

 

ポンド円のポジションを見てみると、取り残されたロングポジションが多いですね。

136円前後のロングも多いです。

ということは雇用統計の結果が悪かったりで下落すると、値が走りそうですね。

イメージとしては、円買いでクロス円が下落でしょうか。

ポンド主導と言うわけではありませんが。

 

その時はドル売り、円買いなので、ポンドドルは上昇します。

ポンドドルとポンド円が逆の動きになっていれば、分かりやすい方をトレードしようと思っています。

 

 

そして長くなりましたが、昨日はISM製造業景況指数もありましたね。

前回 予想 結果
ISM製造業景況指数 52.6 52.0 49.4

 

50割ってしまった・・・。

2月に割った時以来です。

 

ただ、昨年の12月に利上げをした際も、50を割っていたんですよね。

なのでやはり雇用統計次第かなと思っています。

 

 

さて。今日は雇用統計です。

+19万人を超えれば9月利上げの可能性が高いと言われています。

ISM製造業景況指数の数値が悪かったことが気がかりですが、

今日の雇用統計は+19万人という数値を意識してイベントを迎えてみようと思います。

 

ポンドに関しては17:30に建設業PMIがあるので、その際の値動きは注意しましょう。

 

 

 

・チャート設定について

スクリーンショット 2016-09-02 8.16.14

月足・週足です。

Brexitで大きく下抜けました。

週足レベルだと152円を上抜けない限り、下圧力がかかりやすいです。

 

直近の上昇は143円近辺で反発しました。

ここが戻りターゲットになるのではないかと注目しています。

 

現状は安値を更新せず、上昇しています。

レンジになるシナリオですね。

移動平均線が気になりますが、どこまで上昇するかに注目です。

 

 

 

左から<<日足・四時間足・一時間足>>

スクリーンショット 2016-09-02 8.16.30

依然として上昇圧力が強いですね。

サポートとレジスタンスを見ていきます。

 

 

1時間足

スクリーンショット 2016-09-02 8.23.06

 

昨日の急騰を受けて、サポートとレジスタンスが大きく開いてしまっています。

なので、現在小動きになっているレンジも、短期のサポートとレジスタンスということで表示しています。

 

市場参加者は雇用統計を前に、ここから積極的にポジションは保ちたくないでしょう。

あまり好きではありませんが、短期で売買するのか無難かなと思います。

なので無理にエントリーはしないでおこうと考えています。

 

 

 

1時間足

スクリーンショット 2016-09-02 8.29.41

 

雇用統計前までの買うシナリオです。

レンジ下限でエントリー出来れば行おうと思っています。

ただ短期なのでストップは浅めにですね。

上抜けすればラッキー程度に見ていますが、エントリーするかは下値近辺での底堅い値動きを見て決めます。

 

図には記載漏れなんですが、

レンジの上限を上抜けた後の押しが浅く、止められるようなら押し目買いします。

ただこれも短期になります。

 

 

1時間足

スクリーンショット 2016-09-02 8.33.33

雇用統計前までの売る場合のシナリオです。

 

138円まで上昇した際の反発を取りにいくか、

レンジになっている部分のサポートを抜けた後の戻りを待ってのエントリーを考えています。

 

雇用統計まではエントリーしない予定ではありますが、分かりやすければ入ろうと思います。

 

そして雇用統計後は、大きく動くことが予想されます。

初動では振り落としが恐いので入らず、

押しや戻りが止められるようならそのタイミングで入ります。

第二波的なエントリーですね。

 

押しや戻りが止まらず、そのまま逆行するようならついていきます。

そうなると雇用統計で飛び乗ったポジションのストップロスを巻き込むので、良いポイントだと思います。

 

今日は重要イベントがあるので、リスク管理をしっかりして頑張っていきましょう。

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

 

 

相場の本質を学ぶための

無料メルマガ講座始めました

 

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

 

・相場の原理原則を知り、エントリーすべき相場環境を知る

・プロスペクト理論から考察する強いトレンドの見分け方

・FXで勝つために最も大切な◯◯を詳しく解説してみる

 

これはメルマガ講座のほんの一部です。

登録すれば全て読めるようになります。

ほぼ毎日勝てるようになるための情報をお届けします。

 

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 私の分析であり、アウトプットの一環の記事です。投資を勧めるものではありません。