相場分析

8/11 ポンド円相場分析

スクリーンショット 2016-08-11 12.03.10

初心者 / ポンド円 / Brexitにて暴落 / 英中銀が利下げ決定 / NZ中銀の政策金利発表 ←利下げ / NZ ウィーラーRBNZ総裁の会見

 

 

 

トレードスキルなどをまとめたメインページは下のボタンをクリックしてください^^

スクリーンショット 2016-08-07 22.58.49

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・日本 休日

・6:00 NZ NZ中銀の政策金利発表 ←利下げ

・7:00 NZ ウィーラーRBNZ総裁の会見

・10:10 NZ ウィーラーRBNZ総裁の発言

・21:30 米 輸入物価指数 / 輸出物価指数

・21:30 米 前週分 新規失業保険申請件数

8/8~8/12 経済指標

 

 

 

・チャート設定について

スクリーンショット 2016-08-11 11.52.58

月足・週足です。

Brexitで大きく下抜けました。

週足レベルだと152円を上抜けない限り、下圧力がかかりやすいです。

 

直近の上昇は143円近辺で反発しました。

ここが戻りターゲットになるのではないかと注目しています。

 

現状は下目線で、安値を更新するのか、レンジになるのかといったシナリオです。

レンジになる場合はそろそろ反転間近なので、値動きには注目です。

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-08-11 11.53.13

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

 

 

スクリーンショット 2016-08-11 12.03.10

1時間足です。

ダラダラと安値を更新する展開が続いていますね。

安値を更新したと思ったらレンジになってという地合が続いています。

こういう相場はボラが出づらく、いつ反転するか分からないので注意が必要です。

 

ただ、見切り発車で買うのはよろしくないと思います。

買うのであれば、

4時間足レベルでの大きな陽線が出てから、戻りを見極めて買おうと思っています。

 

というわけで、本日のメインシナリオは戻り売りを考えています。

上から売って、小さな値幅を狙うシナリオです。

特にアジア時間は東京が休場なので、レンジになりやすいと見ています。

 

そして上昇するシナリオで濃厚なのは、大きな陽線が出た後です。

なのでそのタイミングで売っていれば損切りをすれば良いだけという心持ちですね。

 

下にブレイクした場合は、しっかり戻りを待ってから売りたいです。

その場合もレンジになる可能性を想定しているので、

ブレイクアウトをどんどん狙うシナリオは持たないようにしたいと思っています。

 

最近は動かないので、今までとは違って守りのトレードが続いており、

大きな値幅を狙いにくいなという印象です。

相場に合わせないといけないのでしょうがないですが、あまり好きな地合ではないですね。

 

今日も引き続き、無理にエントリーしなくて良い相場だと認識しています。

相場に勢いがないため、勝率は落ちる相場だと思います。

 

 

8/11 13:20追記

スクリーンショット 2016-08-11 13.21.57

この上昇を見て、押し目買いに戦略転換はしていません。

戻しが少し大きくなったかな、程度の認識です。

ただ、売るにしてももう少し値動きを見たいと思っています。

 

買いは出遅れたくらいでちょうどいいと思っています。

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-08-11 12.17.37

NZD/USDの週足です。

 

NZが利下げしましたが、市場はだいぶ織り込んでいたようでNZDは買われました。

週足のレジスタンス近辺なので、この後の値動きは注目です。

 

 

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

相場の本質を学ぶための

無料メルマガ講座始めました

 

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

 

・相場の原理原則を知り、エントリーすべき相場環境を知る

・プロスペクト理論から考察する強いトレンドの見分け方

・FXで勝つために最も大切な◯◯を詳しく解説してみる

 

これはメルマガ講座のほんの一部です。

登録すれば全て読めるようになります。

ほぼ毎日勝てるようになるための情報をお届けします。

 

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 あくまで参考程度にとどめて、ご自身の分析を信じてください