相場分析

7/27 ポンド円相場分析

スクリーンショット 2016-07-27 9.26.57

初心者 / ポンド円 / Brexitにて暴落  / 英国利下げ観測 / レンジ相場を下にブレイク / 豪州 消費者物価 / 米国 FOMC / 英国 GDP

 

 

 

 

 

初心者が、

<圧倒的に勝てるようになる>

メルマガ講座を始めました。

 

本当に勝てるようになるには原理原則を知らなければいけません。

ノウハウだけではなく、面白くて読みやすいメルマガにしています。

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

↑↑ココをクリック

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・10:30 豪 4-6月期 四半期消費者物価指数

・17:30 英 4-6月期 GDP

・21:30 米 6月 耐久財受注

・23:00 米 住宅販売保留指数

・27:00 米 FOMC

7/25 ~ 7/29 経済指標

 

 

 

・チャート設定について

スクリーンショット 2016-07-27 9.23.02

月足・週足です。

Brexitで大きく下抜けました。

週足レベルだと152円を上抜けない限り、下圧力がかかりやすいです。

 

直近の上昇は143円近辺で反発しました。

ここが戻りターゲットになるのではないかと注目しています。

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-07-27 9.23.17

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

昨日は下方向にレンジブレイクしましたね。

ただ、136円で反発し、上昇しています。

タイトに見ると、136.7円〜138.5円の間のレンジになり、

どちらにブレイクアウトするかが焦点になると見ています。

 

レンジ内の動きであればレンジトレードをしたいです。

しかし逆張り気味で入るというよりも、

しっかりサポレジが堅いことを確認してからエントリーするシナリオです。

 

ブレイクアウトした方がやりやすいと思います。

その場合はダマシに気をつけたいので、しっかり戻りを待って売買したいです。

昨日も下にブレイクしたと見せかけて

レンジ内に戻ってきたので、意識していきたいですね。

 

また、以前からお伝えしているように、今日は豪ドル関係に注目です。

・10:30 豪 4-6月期 四半期消費者物価指数

 

豪ドルは上値が重い展開が続いています。

根底にあるのは、8月の利下げ思惑があるためです。

その利下げを見極めるために、消費者物価指数の数値は意識されがちです。

 

前回はこの数値が弱いことが決め手となり、利下げしました。

なので弱い数字が出れば利下げ期待で下げるかもしれません。

参照:豪中銀が利下げする思惑(チャンス相場になるか)

 

 

その他、英国のGDPや米国のFOMCがあります。

レンジブレイクする要素はあるので、指標前後の時間は注意していきましょう。

 

 

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

相場の本質を学ぶための

無料メルマガ講座始めました

 

 

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

 

・相場の原理原則を知り、エントリーすべき相場環境を知る

・プロスペクト理論から考察する強いトレンドの見分け方

・FXで勝つために最も大切な◯◯を詳しく解説してみる

 

これはメルマガ講座のほんの一部です。

登録すれば全て読めるようになります。

ほぼ毎日勝てるようになるための情報をお届けします。

 

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 あくまで参考程度にとどめて、ご自身の分析を信じてください