お悩み相談

【お悩み相談】エントリーが早く無駄な損切りが多い

 

初心者が、

<圧倒的に勝てるようになる>

メルマガ講座を始めました。

 

本当に勝てるようになるには原理原則を知らなければいけません。

ノウハウだけではなく、面白くて読みやすいメルマガにしています。

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

↑↑ココをクリック

 

 

 

 

 

 

どうも、つんつんです。

今日はお悩み相談にお答えしていきます。

 

 

 

スクリーンショット 2016-07-16 2.10.29

こんにちは。

私の悩みはエントリーが早く無駄な損切りが多いことと、

重度のポジポジ病がなかなか克服できないこと、

そしてこつこつ利益を積み重ねるのができないことです。

 

相場環境や方向などはだいぶ見えるようになったと思うのですが、

上記のお陰でせっかくの利益を積み重ねることができずにいます。

 

何としたいと思うのですが、どうしたら良いのかと悩んでいます。

 

今回のお悩み相談のポイントは下記です。

・エントリーが早く無駄な損切りが多い

・ポジポジ病

・こつこつ利益を積み重ねることができない

 

いくつかありますが、エントリーが早く無駄な損切りが多いというところに

フォーカスしてお話していこうかなと思いますね。

 

 

で、これは皆さん経験があるんではないでしょうか。

エントリー早くて損切り。個人的にすっごく分かります。

自分も昔はよくそうなってました(笑)

 

私なりのお答えを書いていきますね。

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-07-16 2.10.34

今回のご相談者様の場合、

エントリーが早くて損切りになる原因は、エントリーを早まっていることだと思います。

 

実際にポジポジ病と申告があります。

ということはポジションをすぐ持ってしまっているのかなと。

 

で、もう一つ掘り下げると、

エントリー時の明確なルールがないからエントリータイミングが分からないんではないでしょうか。

 

エントリータイミングのルールがない

この辺で上がりそうだからエントリー

 

環境認識が出来ているにも関わらず、エントリーは感覚。

そんな印象を受けました。

 

エントリーの時はルールが必要です。

安定したトレードをするためには、安定したエントリーは欠かせません。

そこのルールが曖昧だと、感覚に頼り過ぎたトレードになってしまいます。

 

エントリーのルールが感覚だと、

上がりそうや下がりそうでエントリーします。

 

そんな感覚でエントリーしたらどうなるか。

エントリーの根拠が曖昧では、そのポジションに自信が持てませんよね。

 

そうなると少し逆行すれば、損切りします。

で、結局思惑の方向にいくからエントリーします。

その後に逆行してまた損切り・・あとは分かりますよね。

 

それの繰り返しです。

で、ポジポジ病になります。

 

結果、せっかく得た利益を溶かしてしまい、トータルで勝ち越せない。

思い当たる節がある人もいると思います。

 

恐らく今回のご相談者様も、そんな感じなのかなと推測しています。

 

なので解決策として、エントリーを感覚でしないこと。

勝率が高いルールを作って遂行していくことが必要になります。

 

そうすればどうなるか。

ルール通りにエントリーすればポジションに自信を持てます。

結果として多少逆行したとしても、

エントリー根拠が崩れなければ動じません。

意志の強いトレーダーになれます。

 

そこをメンタルが弱いからだと話をすり替えると成長しません。

どんどん自信を無くしてしまいますしね。

 

メンタルが弱いんじゃないんです。

ルールが曖昧なことが敗因なんです。

 

メンタルを強くしよう!って考えたら胃が痛いですよ。

そんなことしなくて大丈夫です。

経験済みですし、アプローチ方法を変える事で解決するのも経験済みです。

 

 

ここまでをまとめると、

エントリー時のルールがしっかりしていれば、

エントリーを早まることもないし、逆行しても安易にポジション切らないよねって話です。

 

ちょっと前置きが長くなりましたね。

 

では、具体的にどうエントリーすればいいか。

 

私の答えは、「波形を意識すること」です。

 

エントリーを点で捉えようとするとだめです。

ピンポイントで捉えるとか神様じゃあるまいし、出来ません。

エントリーは点ではなく、線で捉えてください。

 

点で捉えるとはどういうことか。

図で解説していきますね。

 

スクリーンショット 2016-07-16 1.44.09

 

1本サポートラインを引いています。

ちょうど下落してきた様子です。

 

で、サポートラインにタッチした。

なので反発を見越してエントリー!

 

これが点で捉えるってことです。

こういうエントリーが難しいし、感覚に頼っているということです。

 

 

では線で捉えるとはどういうことか。

次の図をご覧ください。

スクリーンショット 2016-07-16 1.51.16

 

3つ丸があるうちの右2つです。

頂点ではなく、

ちょっと切り返したところに丸をしているのがお分かりいただけるでしょうか。

(分かりづらいですかね。笑)

 

これが線で捉えるイメージです。

エントリーを遅らせるって聞いたことがあるかもしれません。

この遅らせるっていうのを図で説明するとこんな感じです。

 

この図の場合、点で捉えようとすると、

サポートラインで反発するという根拠がエントリー根拠になります。

でもこれってすごく感覚的なものなんですよ。

どういうことって、そのサポートラインで反発するって誰が決めたのか、考えてください。

 

 

 

あなたの予測ですよね。

 

もう少し付け加えると、

あなたが大切だと思って引いたサポートラインに反発するだろうという仮定でエントリーしていますよね。

 

これは一見、明確なルールのように見えます。

が、それはあなたが予想しているだけで、根拠としては弱いです。

でも点で捉えるとなると、こういったエントリーになってしまいます。

 

線で捉えるとどうなるか。

下記がエントリー根拠になります。

 

・サポートラインで反発した

・2回目のサポートライントライでサポートを割らなかった

・市場参加者が意識しており、下落圧力が弱まっている

・その後に上昇が始まった(上昇圧力強い)

→サポートが機能したからエントリー

 

点で捉える場合は、予測が大きな比重を占めます。

つまり、このサポートラインで反発する「だろう」という予測ですね。

 

この「だろう」がいけません。

曖昧です。

 

エントリー時に「だろう」がつくと、一度下落が始まるとどうなるか。

 

下落する「だろう」から損切りしよう。

こうなります。

すぐに180度考え方が変わってしまうんです。

 

 

それが線で捉えるとどうなるか。

サポートラインを二度試して割らなかったからサポートラインが機能「した」

→サポートラインが機能しなくなるまでは損切りしないでおこう

 

この機能「した」という事実ベースの根拠が大切なんです。

事実ベースのエントリーだと、損切り理由も明確になりますよね。

 

そうすると、エントリーを早まることもないし、

逆行「しそうだから」といった理由で損切りすることもありません。

 

皆さんも「点」ではなく、「線」で捉える事を意識してみてください。

このように波形を意識するとエントリーも待てますし、

損切りの根拠が明確なので、ドッシリと構えてトレードが出来ます。

 

これが出来るようになると、エントリーも安定してくると思います。

1度試してみてください。

 

 

さて。

次のテクニック記事では、

エントリーの精度が低くても利益になる方法をお伝えします。

 

今回の話は大前提にあります。

が、一部イレギュラーな相場もあるので、それもお伝えします。

楽しみにしててくださいね。

 

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

お役に立ちましたら、クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

 

 

相場の本質を学ぶための

無料メルマガ講座始めました

 

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

 

・相場の原理原則を知り、エントリーすべき相場環境を知る

・プロスペクト理論から考察する強いトレンドの見分け方

・FXで勝つために最も大切な◯◯を詳しく解説してみる

 

これはメルマガ講座のほんの一部です。

登録すれば全て読めるようになります。

ほぼ毎日勝てるようになるための情報をお届けします。