相場分析

6/30 ポンド円相場分析

スクリーンショット 2016-06-30 8.21.47

ポンド円 / Brexitにて暴落 /  カーニーBOE総裁の発言  / 英国GDP / 欧州・消費者物価指数 / 方向感がなくなりつつあるので引きつけてエントリーしたい

 

 

 

 

 

初心者が、

<圧倒的に勝てるようになる>

メルマガ講座を始めました。

 

本当に勝てるようになるには原理原則を知らなければいけません。

ノウハウだけではなく、面白くて読みやすいメルマガにしています。

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

↑↑ココをクリック

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・7:45 NZ 住宅建設許可件数

・16:55 独 失業率

・17:30 英 GDP

・18:00 欧 消費者物価指数

・20:30 欧 ECB議事要旨公表(6/2分)

・21:30 加 GDP

・21:30 米 新規失業保険申請件数

・22:45 米 シカゴ購買部協会景気指数

・24:00 英 カーニーBOE総裁の発言

6/27 ~ 7/1 経済指標

 

 

 

 

・チャート設定について

スクリーンショット 2016-06-30 8.12.49

月足・週足です。

 

Brexitで大きく下抜けました。

週足レベルだと152円を上抜けない限り、下圧力がかかりやすいです。

 

スイングトレードをするのであれば

上から売っていきたい地合です。

 

しかし、133円台は月足のサポートがあります。

なのでここで反発上昇してもおかしくないと見ています。

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-06-30 8.13.06

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

 

133円近辺から反発していますね。

月曜日の窓は埋め切りませんでしたが、未だ上昇圧力が強いです。

 

売り目線に転換するのは、

137.4円を大きく下回った後の戻りが止められた時です。

それまでは本日は買いどころを探そうと思います。

 

しかし、押しが深くなってきています。

どんどん追従していくより、

大きなサポートまで引きつけてエントリーしていこうと思います。

 

理由は二つあります。

・レンジになる可能性がある

・大きなサポートに引きつけた方が、他者の追従が入りやすい

 

一番取りたくないパターンとしては、

積極的に追従をして、大きく押してひかされることです。

 

今日の相場はエントリーできなくていいと思っています。

そんなにチャンス相場には思えません。

こういう時はいかに稼ぐかではなく、いかに損失を出さないかが重要です。

 

なので自分のセットアップにくればエントリーする

→それ以外は相場に振り回されず、エントリーしない

 

この発想が大切だと思います。

 

 

 

 

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

 

 

 

 

相場の本質を学ぶための

無料メルマガ講座始めました

 

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

 

・相場の原理原則を知り、エントリーすべき相場環境を知る

・プロスペクト理論から考察する強いトレンドの見分け方

・FXで勝つために最も大切な◯◯を詳しく解説してみる

 

これはメルマガ講座のほんの一部です。

登録すれば全て読めるようになります。

ほぼ毎日勝てるようになるための情報をお届けします。

 

 

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 あくまで参考程度にとどめて、ご自身の分析を信じてください。