相場分析

6/13 ポンド円相場分析

スクリーンショット 2016-06-13 8.44.47

ポンド円 / Brexit観測再発 / 週足レベルのサポートをブレイク / リスク回避の円買い / 勢いが続くのかレンジ圏内に戻るのか注目

 

 

 

今日の経済指標

・豪 休日

・11:00 中 鉱工業生産 / 小売売上高

今日は材料難ですね。

今週は重要イベントが多く、来週は英国の国民投票があります。

6/13〜6/17経済指標

 

 

 

 

 

・チャート設定について

スクリーンショット 2016-06-13 8.39.44

月足・週足です。

 

週足を見ると、サポートを下抜けました。

このまま下落するのか、週足レベルのレンジ圏内に戻るか注目です。

 

今週は重要イベントが多く、

来週に英国の国民投票が控えているので

スイングトレードには向かない時期だと思います。

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-06-13 8.39.59

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

 

現在は週足レベルのサポートを下抜けています。

 

大きく下抜ければ、戻りを待って売りたいです。

 

というのも、

重要イベント前に長期的なポジションは取りづらいと思います。

 

下落してもすぐに利食いが入り、戻りも大きくなる可能性があります。

 

なので、ブレイクアウトしたからといって追従すると、

戻しに巻き込まれて損切りに合う可能性があります。

 

 

さらにいうと、個人的には大きく下落する可能性は低いのではないかとみています。

※下落すればついていきます。あくまで予想です。

※リスク回避の円買いで下落するシナリオもあります。

 

 

理由は重要指標があるからです。

 

月曜日と火曜日(水曜日のFOMC開催まで)は動きづらい

週足サポートが利く

週足レベルでのレンジ

買いが優勢

 

このように見ています。

 

 

まぁ上がるにせよ下がるにせよ、

不確実な状態でポジションは持ちたくないです。

 

直近の値動きに振り回されず、

大きな目線でしっかり止まってから売り買いするのがオススメです。

 

 

例えば買いなら

151.5円を上回って下げ止まれば、朝の下落がダマシになります。

 

そうなると下げ止まったポイントをサポートとして買い、

そのサポートを下抜けたところを損切りポイントにできます。

 

このように、しっかり損切りポイントが明確であれば、

市場参加者がエントリーしやすくなります。

 

不確実性が高い相場では、ワンテンポ待つことが大切だと思います。

 

 

15:20追記

ここまで下げると戻り売り狙いで見ています。

しっかり上値が抑えられたのを確認して、売り>損切りはしっかり。

 

4時間足レベルでWボトムでもつけてくれないと、

買いで入るのはきついなと思っています。

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 あくまで参考程度にとどめて、ご自身の分析を信じてください。

 

 

 

スクリーンショット 2016-05-30 4.42.33

 

・相場の原理原則を知り、エントリーすべき相場環境を知る

・プロスペクト理論から考察する強いトレンドの見分け方

・FXで勝つために最も大切な◯◯を詳しく解説してみる

 

これはメルマガ講座のほんの一部です。

登録すれば全て読めるようになります。

 

 

 

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村