相場分析

5/6 ポンド円相場分析

スクリーンショット 2016-05-06 9.17.42

ポンド円 / レンジ局面終盤 / 今日は雇用統計 / 短い時間足では上下に振れる

 

 

 

<<<1日10分で学べるトレード講座を始めました>>>

FXを始めたことがない人が勝てるようになるまでに必要な技術を

1日10分の勉強で勝てるようになるための講座を始めました!

 

また、コンサル生との音声対談をメインに進めているので、

他のブログにはない、分かりやすい形式で実施しています。

 

こちらからどうぞ^^

 

スクリーンショット 2016-04-13 12.58.51

 

※最終更新日:5/1

【第11回】テクニカル指標だけで勝てるという幻想

↑リメイクしました。

ーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・10:30 豪 豪中銀 四半期金融政策報告

・21:30 米 失業率 / 雇用統計

・21:30 加 失業率

 

 

・チャート設定について

スクリーンショット 2016-05-06 9.15.10

月足・週足です。

 

週足を見ると、直近の上昇がちょうどレジスタンス手前で反発し、

大きな下落となっております。

 

下値を試していたんですが、155円前後で反発しています。

ここで止まって上昇すると、週足レベルの逆H&Sになります。

そうなると上昇局面になるので、ここで止まるかに注目しています。

 

抜けると下落局面継続なので、重要なラインだと思います。

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-05-06 9.15.24

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

 

週足の際にもお伝えしましたが、

155円前後で上昇すると、週足や日足レベルでの逆H&Sになります。

一旦止められやすいポイントではありますね。

 

重要なサポートラインと雇用統計を控え、

昨日に引き続きレンジ局面が続いています。

 

そしてボラティリティがどんどん縮小しています。

重要なラインを超えない限りトレンドフォローは控えたいです。

 

 

上値のレジスタンスは

・155.7円

・156円

 

下のサポートは

・154.9円

・154.4円

 

この辺りが現時点でのターゲットです。

 

 

レンジ局面終盤というのは、買い圧力と売り圧力が混在しています。

 

なので、どちらか一方向に動く相場になるというより、

短い足では上下に振れる展開になりやすいです。

 

そのため重要なサポレジに引きつけないで中途半端なところで入ると、

振り落とされてしまうので、エントリーは我慢して引きつけた方がいいですね。

 

 

 

 

 

 

 

・エントリーは?

・様子見ベースでエントリーできなくてもOK

・上値が分かりやすく止められれば売り(155.7円、156円辺り)

・156円を超えて止められれば買い > 雇用統計まではダマシに注意

・154.4円(154.9円)で止められれば買い

・154.4円を割ってからの戻りが上回らなければ売り > 雇用統計まではダマシに注意

 

雇用統計までのメインシナリオはレンジトレードです。

 

雇用統計後に動くようなら、持ち越さないように短期で仕掛ける予定です。

 

 

 

 

・今日の注目通貨

おやすみしています

 

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 あくまで参考程度にとどめて、ご自身の分析を信じてください。

 

 

二つのランキングに参加しています。

2位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


FX初心者 ブログランキングへ