相場分析

5/4 ポンド円相場分析 / 今日の注目通貨:GBP/USD

スクリーンショット 2016-05-04 12.52.22

ポンド円 / レンジ局面 / 戻り売り待ち / 直近の上昇幅は大きい / 短期の買いはアリ

 

 

<<<1日10分で学べるトレード講座を始めました>>>

FXを始めたことがない人が勝てるようになるまでに必要な技術を

1日10分の勉強で勝てるようになるための講座を始めました!

 

また、コンサル生との音声対談をメインに進めているので、

他のブログにはない、分かりやすい形式で実施しています。

 

こちらからどうぞ^^

スクリーンショット 2016-04-13 12.58.51

※最終更新日:5/1

【第11回】テクニカル指標だけで勝てるという幻想

↑リメイクしました。

ーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・日 休日

・7:45 NZ 失業率

・16:50 仏 非製造業PMI

・16:55 独 非製造業PMI

・17:00 欧 非製造業PMI

・17:30 英 建設業PMI

・18:00 欧 小売売上高

・21:15 米 ADP雇用統計

・21:30 米 貿易収支

・23:00 米 ISM非製造業景況指数

 

 

 

・チャート設定について

スクリーンショット 2016-05-04 11.30.20

月足・週足です。

 

先週で月足が確定しましたが、上昇相場にはならなかったですね。

レンジになるか下落するかの方が、動きやすい相場かと思います。

 

 

週足を見ると、直近の上昇がちょうどレジスタンス手前で反発し、

大きな下落となっております。

 

 

下値を試していたんですが、155円前後で反発しています。

ここで止まって上昇すると、週足レベルの逆H&Sになります。

そうなると上昇局面になるので、ここで止まるかに注目しています。

 

 

 

 

スクリーンショット 2016-05-04 11.31.26

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

 

週足の際にもお伝えしましたが、

155円前後で上昇すると、週足や日足レベルでの逆H&Sになります。

一旦止められやすいポイントではありますね。

 

上昇した場合は、158.5円が初めのターゲットになります。

158.5円で止まった場合は、158.5円〜155円のレンジになるシナリオです。

 

158.5円を上抜けていった場合は、162.5円がターゲットになると考えています。

 

 

 

大きな流れは下なので、156.5円を超えない限りは売ります。

 

しかし直近の流れが上昇圧力が強まっています。

 

積極的に売買するのではなく、

エントリーできなくても良いのでしっかり引きつけたいです。

 

 

 

 

 

 

 

・エントリーは?

・基本様子見ベース

・上値が分かりやすく止められれば売り(156.5円辺りは現時点でいいターゲット)

・156.5円を超えて止められれば買い

・155円で止められれば買い

・155円を割ってからの戻りが上回らなければ売り

・158.5円を上抜けて、戻りが止められれば買い

 

 

基本は戻り売りです。

しかし、上昇圧力が強くなっているので、155円で買うのもありです。

 

 

 

 

 

 

 

・今日の注目通貨

GBP / USD

スクリーンショット 2016-05-04 11.49.20

 

日足レベルでレジスタンスを上抜けて、その後反落しています。

これはダマシになり、下げやすい展開だと考えております。

 

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 あくまで参考程度にとどめて、ご自身の分析を信じてください。

 

 

 

 

二つのランキングに参加しています。

2位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村


FX初心者 ブログランキングへ