トレードテクニック

ダウ理論をもとにトレンド相場かレンジ相場かを見分ける方法

 

この記事に書いてあること

・ダウ理論をもとにトレンド相場かレンジ相場かを見分ける

・ラインを引くときのコツ

 

 

<<<初心者向けコンテンツを開始しました>>>

FXを始めたことがない人が勝てるようになるまでに必要な技術を

ステップアップ方式で解説していきたいと考えています。

 

また、コンサル生との音声対談をメインに進めているので、

他のブログにはない、分かりやすい形式を実施しています。

 

こちらからどうぞ^^

スクリーンショット 2016-04-13 12.58.51

 

 

 

 

どうも〜。つんつんです。

 

・【第一回】 ダウ理論・サポートライン・レジスタンスライン

・【第二回】ダウ理論を用いた環境認識とエントリータイミングのはかり方

・【第三回】損切りについて

 

この3回の動画を確認してくれた方の最後のステップになります。

入門編はここまでで終了ですね。

 

 

で、最後のステップは、

トレンド相場とレンジ相場を見分けることについてです。

 

 

まずはトレンド相場とレンジ相場の特徴について

さくっと解説しちゃいます♪

 

 

 

 

<< トレンド相場 >>

・一方向に進んでいる

・安値と高値が切り上がっていく(上昇トレンドの場合)

・ボラティリティ(値幅)が拡大する

 

トレンド

図でいうとこんな感じですね。

 

・下落した際の安値が前回の安値より上で止まる

・上昇した際の高値が前回の高値を上抜ける

大切なことはこの二点です。

 

ちょうどNの形になるため、上昇N波動と呼ばれます。

ボラティリティが拡大するので、大きな利益を得ることができます。

 

 

 

<< レンジ相場 >>

・上がるのか下がるのか方向感がない

・前回の安値と高値のレベル内の枠組みで収まる

・ボラティリティが徐々に縮小していく

レンジ

画像でいうとこんな感じですね。

ボラティリティが徐々に縮小していくので、大きな利益を出しにくくなります。

 

 

 

 

FXではトレンドかレンジしかありません。

で、勝つためのヒントはここにあるんです。

 

どういうことか気になりますよね〜〜〜

 

 

それは・・

 

 

 

トレンド相場とレンジ相場で、エントリー手法が変わってくるということです。

 

つまり、トレンド相場なのにレンジ相場でいきる手法(逆張りなど)をすると、

どんどん損失を拡大し、負け組になります。

 

 

こわいですよね〜。

 

 

・トレンド相場とレンジ相場を見分けることができない

・トレンド相場なのに、逆張りしちゃう

・レンジ相場なのにトレンドフォローしちゃう

 

初心者が負ける原因の多くは、こういったものが原因です。

 

 

 

で、このトレンドとレンジを見分けるために、

上記に記載したトレンド相場とレンジ相場の特徴を抑える必要があるんですよね。

 

 

それさえ抑えることができたらバッチリです。

初心者コンテンツで、勝つための手法をお伝えしちゃいます。

 

ではでは最後、この動画を見て初心者コンテンツにさくっといっちゃいましょう。

8分ほどの動画です。

 

 

 

 

GMOクリック証券の口座開設はこちらからどうぞ

 

トレードテクニックはこちらからどうぞ

読者様に好評なお悩み相談はこちらからどうぞ

 

ランキングに参加しています。

2位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村