相場分析

4/6 ポンド円相場分析

 

4:6 OP

ポンド円 / レンジブレイクアウト / 下落 / 勢いは続くか / ヨコヨコになるか

 

おはようございます。

 

昨日は深夜に安倍首相

・通貨安競争は絶対避けなければならない
・恣意的な為替市場への介入は慎まなければならない

と発言しました。

結果として155円台に突入しました。

 

介入に関してG20で牽制されているので、

こういった発言になったのではないかと思っています。

今年に入ってから円高トレンドなので、日本にとっては良くない傾向ですね。

 

 

今日は

・クリーブランド連銀総裁のロレッタ・メスターさんの発言
・FOMC議事要旨

が予定されています。

 

メスターさんはタカ派なので利上げに対して強気な発言が期待されます。

また、FOMC議事要旨の内容次第で利上げの見通しが立てば、

ドルが買われる展開になるかもしれませんので注目です。

 

ーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・10:45 中 財新非製造業PMI
・16:00 独 鉱工業生産
・25:20 米 クリーブランド連銀総裁の発言
・27:00 米 FOMC議事要旨

環境認識ポンド円 4/6チャート

4:6 週足

週足です。

先週は上髭をつけて下落して終わりました。

久しぶりの上髭です。

 

トレンドは終息気味ですが、もう一度くらい155円を試すことはあると思うので、

今週どのような形状で終わるのか注目です。

 

実際に下落が始まっていて、綺麗な下降トレンドの動きですね。

155円を大きく下抜けて継続すると、下降トレンド継続です。

しかし155円で止まると、164円を高値としたレンジになると見ています。

 

 

 

 

4:6 チャート

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

 

162.5円から158.2円までの下落が4.3円の値幅でした。

で、昨日の下落が159.5円から155.7円までなので、3.8円の値幅です。

 

それを考えると155円くらいがターゲットになるので、下落余地としてはもう少しあります。

ドル円も週足のサポートを下抜けたので、

こういう時は素直に戻り売りをした方がいいですね。

 

 

 

一点気がかりなのは戻りが少ないことです。

ここまで下落一辺倒なので、

そろそろ戻りがあるかヨコヨコの時間があってもおかしくありません。

 

 

しかし 158.5円くらいまで上昇しない限り、

上昇に対してフォローアップするのは危険だと思います。

 

・セリングクライマックスの動きが出る
・155円で長時間止められる

どちらかの動きになれば、買い目線で良いと思います。

 

 

 

・エントリーは?

いつ売るのかという話になりますが、

分かりやすい戻りがなく下落したので現時点では分かりにくいです。

 

唯一分かりやすいのが 156.5円なのですが、

3/1につけた安値が156.1円なんで、ここが気がかりなんですよね。

>前回安値から二番底をつけて上昇した安値

 

それに上でも触れましたが、下落一辺倒なので、

そろそろ上昇かヨコヨコの動きがあっておかしくないと思います。

 

なので、打診売りという意味合いなら

・156.5円

>これまでの勢いから、損切りになってでもエントリーする価値はあると思います。

 

 

ヨコヨコや戻りを試す展開も想定しておいたほうがいいです。

確実にいく場合ならしっかりした戻りを待って、

止められたポイントでエントリーするのが良いと思います。

 

 

買いは

・セリングクライマックスの動きが出る
・155円で長時間止められる

のどちらかで考えています。

 

ちょっとくらい上昇しても売り目線です。

 

 

 

※トレードに関しては自己責任でお願いします。

 あくまで参考程度にとどめて、ご自身の分析を信じてください。

 

トレードに関しては、上部メニューのトレードテクニックを参考に^^

トレードテクニックはコチラ

 

皆様のお悩み相談をお待ちしております!

悩み相談・お問い合わせは上部メニューのお問い合わせフォームからどうぞ!

お悩み相談はコチラ

 

 

ランキングに参加しています。

一日一度クリックしてくれると励みになります^^

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村