相場分析

3/18 ポンド円相場分析

 

昨日は英中銀の政策金利発表や、MOC議事録の公表などがありました。

 

政策金利を0.5%で据え置きと、

量的緩和枠も3750億ポンド(約60兆円)を維持しました。

 

声明文では、

・直近のポンド下落はEU離脱の国民投票めぐる不透明感を反映したもの
・世界経済見通しへのリスクは引き続き下方向
・今後3年間では利上げする公算が高い
・消費は引き続き力強いが、EU離脱懸念で目先は手控えも

と発表しています。

 

世論調査によってはEU離脱派の方が多い場合もあるので、

EU残留路線にならなければ長期的にみてポンドは買われないでしょうね。

 

また1月にウィールMPC委員などは

ポンド安がインフレへの足かせを和らげると表明しており、

MPCメンバーもポンド安を容認しております。

 

利上げもしばらくなさそうですし、

ポンド高になる目安としてはEU残留が既定路線になるかが注目です。

 

ーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・16:00 独 生産者物価指数
・21:30 加 小売売上高 / 消費者物価指数
・23:00 米 ミシガン大学消費者信頼感指数
環境認識ポンド円3/18チャート

3:18 週足

 

週足です。

164円で反発して下落していますね。

今週が陰線で終わると、再度155円をトライする地合が出来たように見れます。

 

しかし、2週連続で下髭がついております。

今週も下髭で終わると下値が堅い印象を与えてしまうので、

下げたいプレイヤーは本日で下げ切ろうとしてくるでしょうね。

 

 

3:18 チャート

 

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

日足や4時間足を見ると、H&S(ヘッド&ショルダー)を形成中です。

161.6円辺りを超えない限り売り、超えれば押しを待って買いでいきたいです。

 

売りやすいポイントとしては、

・161.6円に引きつける
・160.5円を下抜けた後の戻りを待つ

ターゲットとしては、引っぱっても160円を割ったところ辺りがいいと思います。

 

今は売り買いが拮抗しるので乱高下しやすくなっています。

突っ込んでエントリーすると巻き戻しにあうので、

しっかり待ってからエントリーしていきたいです。

 

 

ご質問・ご相談は上のお問い合わせフォームからどうぞ。

 

ランキングに参加しています。

一日一度クリックしてくれると励みになります^^

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村