トレードテクニック

サポレジ転換

私が使用する口座はこちら

はっちゅう君

GMOクリック証券

 

サポレジ転換とは

サポートラインだったポイントがレジスタンスラインに転換すること

関連:サポートライン

関連:レジスタンスライン

 

参考図

サポレジ転換

なぜサポレジ転換が起きるのか?

まず、なぜこの現象が起きるのか。

その本質を捉えなければ、ただの手法として終わります。

もう一歩踏み込んでみましょう。

 

こちらの図をご覧ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-35-58

 

真ん中の線がサポートラインだと考えてください。

このラインを境に下が売り圧力優勢。上が買い圧力優勢です。

 

何度も支えられているポイントに来ました。

この丸のポイントで、あなたなら買いますか?売りますか?

 

多くの人はサポートラインを境に買う

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-39-23

ほとんどの人は図のように上昇することを想定し、買います。

それが良い、悪いという話ではなく、そういった事実があるということです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-41-58

そして買いが入るのは、一番右の丸だけではありません。

この3つ、全ての丸がサポートラインに下支えされているという事実があります。

ということは買われるポイントになります。

なのでサポートラインで支えられるポイント=買いポジションが溜まりやすいポイントなんです。

 

ここまでが重要な前提条件になります。

 

もしもサポートラインを下抜けたら、あなたならどうする?

サポートラインで買いポジションがかなり溜まりました。

あなたもサポートラインを背に買いポジションを持っております。

このまま上昇すれば、利益になってハッピーですよね。

でももし、下落が始まったら・・・

 

次の図をご覧ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-51-10

このように、これまで溜まっていた買いポジションが全て含み損になります。

損失が膨らむとあなたはどうしますか?

 

俺は含み損なんか耐えてやる!!

いずれ値は戻るんだ!!と勇者の方はこちらの画像をご覧ください。

 

ポンド円の週足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-53-59

250円から120円になりました。

 

スイスフラン円の日足

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-56-40

1日で24円暴騰しました。

 

こういった変動が起こりえるのがFXです。

プロのトレーダーは勝ちトレードと負けトレードが混在しており、トータルで+にするお仕事です。

例外はありません。

損切りは必ずしていきましょう。

 

少し脱線しましたね。

もう一度先ほどの図を出します。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-18-51-10

このようにサポートラインを下抜けると、買いポジションのプレイヤーが損切りします。

買いポジションの損切りということは、買いポジションを売るということです。

(買いポジションを損失でいいので手放す→売るということ)

 

ということは、値が下落しますね。

このように、サポートラインを抜けた後は売りが優勢になります。

(レジスタンスラインの場合は逆です)

 

ここで下落に便乗して売る人もいます。

昔に流行ったブレイクアウト手法と呼ばれる手法です。

ただこの手法は欠点があります。

 

ブレイクアウト手法の欠点とは?

・飛び乗りになるので、損切りポイントが明確ではない

・下抜けたと思ったら急に反発して元の値に戻る、ダマシと呼ばれるパターンに遭遇する

 

ダマシの参照図

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-19-07-24

このようにブレイクアウトに見せかけて反発するため、勝率が落ちます。

では、どうするのか。

サポレジ転換の場合を見てみましょう。

 

サポレジ転換が発生するメカニズム

次の図をご覧ください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-19-13-26

あなたが買いポジションの含み損を抱えているとします。

その状態で、上の図のように、エントリーした付近まで値が戻ってきたらどうしますか?

損切りをするか、そのまま耐えるか。少し考えてみてください。

 

 

次の図も見てください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-19-23-28

このように、更に下落が始まるとどうしますか?

 

恐らくほとんどの人が損切りをすると思います。

ということは、損切りをする=買いポジションを手放す=売るということでしたよね。

 

売るので、値が下落します。

それを見越して、新規の売りも出ます。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-19-26-24

この図のように、(1)(2)(3)の買いポジションの損切りだけでなく、

下落すると見込んだ(4)の新規の売りエントリーも発生します。

そのため、値が伸びるというのが、サポレジ転換のメカニズムなんです。

 

実践でどのようにエントリーしていけばいいのか

さて。

ここまでのお話を踏まえて、あなたのエントリーにどのように活かしていけばいいかです。

 

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-14-19-29-05

この図のように、(4)のタイミングで新規の売りエントリーをすれば良いでしょう。

そうすると、(1)(2)(3)の買いエントリーの損切りを巻き込むことが出来ます。

 

FXはゼロサムゲームです。

誰かの損失を自分の利益に変えていかなければなりません。

 

買いポジションの損切りが発生するこのポイントこそが、

あなたのエントリーするポイントであり、サポレジ転換が優位性のある手法だといえるでしょう。

 

他のテクニック記事を読みたい方はこちら

 

二つのランキングに参加しています。

1位になりました!みなさんのおかげです!

一日一度クリックしてくれると励みになります^^


FX初心者 ブログランキングへ

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村

 

私のノウハウを全て学べるメルマガ講座を始めました。

 

ほぼ毎日届く無料メルマガ講座です。

 

初日で300人の登録があり、現在は3000人以上が購読していただいております。

メルマガ限定記事も18個あり、音声動画も多数あります。

 

是非トレードにお役立てください。

 

今後の方針やコラムなども、メルマガだけで書いたりしているそうです。

 

この続きはメルマガでお会いしましょう!

 

ご登録はこちら