相場分析

2/29 ポンド円相場分析

 

先週はG20が開催されましたね。

1.競争的な通貨下げはNG。通貨下落が見込まれる政策は事前に通知
2.日本のマイナス金利突っ込まれる
3.英国がEU離脱すべきでないと満場一致
4.人民元の切り下げしない
5.今後は金融政策だけでなく財政政策が必要

以上の事が声明で発表されました。

特に2番の日本のマイナス金利の事についてなんですが
黒田日銀総裁は十分理解を得たと言っていましたが、
オランダのデイセルブルムさんが、「日本のマイナス金利について議論されたと発言しました。」

これは日本のマイナス金利を好ましく思ってないため議論された事になるので、
今後のマイナス金利幅拡大や為替介入などは行いづらくなったなという印象です。

通貨下落の可能性がある場合は事前に通知するという取り決めも、
日本の金融政策への牽制と、中国の人民元切り下げに対しての牽制なのかと思います。

また、個人的には3.英国がEU離脱すべきでないと満場一致が気になりますね。
草案には含まれていませんでしたが、英国が盛り込むように要請し、盛り込まれました。

EU残留に対しての本気度が見られるため、EU離脱の国民投票までにEU残留派が高まれば、
ポンドの値が戻る展開になるので今後に注目ですね。

ーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・16:00 独 小売売上高指数
・18:30 英 消費者信用残高
・19:00 欧 消費者物価指数
・23:45 米 シカゴ購買部協会景気指数
・24:00 米 住宅販売保留指数

環境認識ポンド円2/29チャート
2:29 週足

週足です。

陰線が続いていますね。
先週は目標値の155円に到達後、少し反発して髭がついています。

まだ反発の動きが見えていないので、
下がってきたからそろそろ買おうという発想は安易だと思いますね。

大きな陽線が出ない限りは売り時を探す展開で問題ないと思います。

2:29 チャート

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

158.5円〜157円のレベルに位置していると思います。
このラインをもとに売り時を探したいので、
今日は158.5円辺りまで引きつけて売りたいなと思っています。

もしくは157円を下抜けた場合は、戻りを待ってから売りたいと思っています。

その場合は短期的に上昇している最中なので、ダマシになるのが恐いです。
なので、しっかりと戻しが止められたのを確認してから売ろうと思っています。