相場分析

2/25 ポンド円相場分析

 

昨日はムーディーズの格付けでブラジルがジャンク級(投機的等級)に格下げされましたね。
これで主要格付け機関3社のブラジル格付けはすべてジャンク級になりました。
理由としてはブラジルの債務が3年以内にGDPの80%を超える可能性があるためです。

ブラジル経済はインフレ率が凄まじく、2015年のインフレ率は10.7%でした。
原因としては、
・燃料とエネルギーに助成金を出していたが財政の赤字で助成金廃止→ガソリンの他、電気料金は51%上昇
・ブラジルレアルが急落し、輸入物価が急上昇(15年はドルに対して1/3下落)
・財政悪化のため増税

と、何をやってもうまくいかない状況で先が見えません。

ブラジルがこけると、
経済規模が縮小すると原油を使う機会が少なくなる原油の需要が少なくなる→
→原油の在庫があまる→原油価格下落に繋がる→ロシアや中東も財政が厳しくなる
とループしますので、世界経済の先行きは不安ですね。

ーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・18:30 英 10-12月期 GDP改定値
・19:00 欧 消費者物価指数
・22:30 米 耐久財受注 / 新規失業保険申請件数

環境認識ポンド円2/25チャート
2:25 週足

週足です。

陰線が続いていますね。
いったんは目標値の155円に到達しました。

ここから多少戻すのか、下を更に試すのか確認したいです。

2:25 チャート
左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

目標値に達したあと1時間足の直近レジスタンス(抵抗線)を上抜ける陽線が出て、
抜けたあとはそのポイントがサポートになって落ちません(156円付近)

これは反発前の動きなので、短期的に反発があり上昇する可能性はありますね。

ただ、かなり買いポジションを持って耐えているトレーダーが多いので、
上がったとしてもそのトレーダーたちが損切りをし、売りポジションが増えると思います。

また、155円で買っているトレーダーも多数いるので、
そのポジションで持っている人は短期で買っているはずなので、この買いは長く続かないでしょう。

目先の何日か上昇したとしても、
160円や164円のレベルでは跳ね返されるはずなので(もう少し早いかもしれない)
反発見越しての買いエントリーなら短期で損切りをしっかり入れてエントリーしたいですね。

安全にいくなら売り時を探した方がいいと思います。
十中八九、もう一度下値を試してくるので。