相場分析

3/15 ポンド円相場分析

 

今日は日銀金融政策決定会合があります。

・12時過ぎに政策金利と声明の発表

・15:30~15日に黒田日銀総裁が会見を開くので、
マイナス金利についてどのように言及するのか注目です。

 

黒田日銀総裁はこれまで追加緩和を積極的に実施していく姿勢を出しています。

しかし、
2/26「マイナス金利の政策効果の浸透具合をしっかり見極めたいので、何かスケジュールを決めてどんどんマイナスを引き下げていく考えは全くない」
3/7「今すぐにさらに何かすることは考えてない」
と発言しています。

 

このことからも3月の緩和はないよう思えます。
(黒田さんなのでサプライズあるかもしれませんが・・)

市場は緩和がないことで織り込みずみなので、サプライズ緩和になると値は動くでしょうね。

また、日銀の景気判断を下方修正する事を検討していますので、注意が必要です。

 

そして15:30~の黒田日銀総裁の発言も注目です。

これまでの発言からマイナス金利の影響について注視したい程度にとどめることが予想されます。

あまり踏み込んで発言をすると、先日のドラギ総裁のように思惑と反対に動く可能性があるので
注意してほしいですね。笑

 

ーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・9:30 豪 豪準備銀行(中央銀行)、金融政策会合議事要旨公表
・12:00過ぎ 日 日銀金融政策決定会合、終了後政策金利発表
・12:00過ぎ 日 日銀金融政策決定会合、年間マネタリーベース増加目標
・15:30 日 黒田東彦日銀総裁、定例記者会見
・19:00 欧 雇用者数
・21:30 米 小売売上高 / PPI / ニューヨーク連銀製造業景気指数
・23:00 米 NAHB住宅市場指数
・29:00 米 対米証券投資

 

環境認識ポンド円3/15チャート

3:15週足

 

週足です。

前回の安値からの戻しが11円だったんですが、
今回は155円から164円まで9円戻しています。

これまでの流れを見ると、目標値に達したような動きに見えますね。

今週は164円で止まるかどうかに注目したいです。

 

 

 

3:15チャート

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

 

日足を見ると上昇N波動を形成しています。

なので直近は上昇局面ではあったのですが、週足が目標値に達したため、下落局面に入っています。

 

1時間足を見ると、163.4円辺りにレジスタンス(抵抗線)が引けます。

ここを超えるとまだ上昇圧力が強いと判断出来ますが、
超えない限りは下落基調になるでしょうね。

 

日銀会合と黒田さんの発言が終わるまでは様子見するのですが、
その後に上値が止められるようだと売りたいです。

 

日足は上昇N波動形成中だったため、ターゲットは引っぱったとしても161円で考えています。

大きな陽線が出る or 163.4円を超えるようだと買い目線になりますけどね。

 

 

ご質問・ご相談は上のお問い合わせフォームからどうぞ。

 

ランキングに参加しています。

一日一度クリックしてくれると励みになります^^

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村