相場分析

3/9 ポンド円相場分析

 

昨日はカーニー英中銀総裁が発言しました。

・多くの金融機関がBrexitに備えてロンドンを離れる準備中
・金融機関の移転が相次いだ場合はイギリス経済に大きな打撃を与える
・EU離脱の不透明感が高まる事で、企業の設備投資や家計消費に下押し圧力
・ポンド安を背景にインフレ率が高くなる

などを発言しています。
カーニーさんは客観的に分析しておりますが、EU残留を希望しているように聞こえますね。

また、明日にはECB理事会が控えているため注意が必要です。

ーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・18:30 英 鉱工業生産
・24:00 加 カナダ中銀 政策金利
・24:30 米 週間原油在庫

環境認識ポンド円3/9チャート
3:9 週足

週足です。

先週は陽線で引けました。
直近の流れは上昇でしたが、先週金曜日の高値を超える事が出来ずに下落しています。
下落の勢いはゆっくりですが、下圧力が強いですね。

3:9 チャート

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

昨日は160.4円を下抜けましたね。
その後の上昇も160.2円辺りで止められたため、160.2円が直近の戻し高値です。
160.2円を超えない限りは売っていきたいです。

ターゲットは159円付近になります。
159円付近で止まると上昇N波動が形成される動きになるので、
止めようとする動きは出るでしょうね。

なのでどれだけ持っても159円で一旦利食いをしようと思っています。

ご質問・ご相談は上のお問い合わせフォームからどうぞ。

 

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村