相場分析

3/4 ポンド円相場分析

 

昨日は英国の非製造業PMIが発表され、市場予想を大きく下回る52.7という数字でした。
為替には影響がありませんでしたが、
サービス業の雇用者数がここ2年半でもっとも遅いペースで増加するなど良くない数字です。

また、米国もISM非製造業景況指数の数字がよくありませんでした。
雇用指数が2014年の2月以来の50ポイント割れで、
今週は良かった米の経済指標が続いたんですが、あまり良くない結果でした。

また、今日は米国の雇用統計があります。
市場予想は+19.5万人です。
市場予想を上回ればいいのですが、
市場予想を下回ればこれまで上昇してきた分、下落しやすい地合です。

ーーーーーーーーーーー

今日の経済指標

・22:30 米 非農業部門雇用者数 / 失業率

環境認識ポンド円3/4チャート
3:4 週足

週足です。

雇用統計がよっぽどでなければ今週は陽線で引けそうですね。
この上昇が、どこまで・いつまで続くのかが大事です。

ある程度の期間上昇 or レンジになってくれれば買いポジションが溜まってきて下落しやすくなりますね。

3:4 チャート

左から<<日足・四時間足・一時間足>>です。

昨日も引き続き上昇しました。
1時間足は綺麗なトレンドラインが引けますね。
いい具合に安値が切り上がっていっています。

今日もちょうどトレンドラインを少し割ったところで反発して上昇しているので
もう少し上昇しそうです。

ただ、あくまで個人的にはですが、この上昇は買わないですね。
4時間足を見るとこれまでは上値になりそうなポイントがないのでスクスクと上昇していましたが、
そろそろ上値で意識されそうなラインが多く出てきているからです。
今までと環境が変わるので、このまま上がるのかと言われるとクエスチョンマークが出てきます。

併せて今日は雇用統計があるので、雇用統計前はポジションを整理したい心理が働きます。
仮に上にブレイクしたとしても、ポジション整理で決済して買いポジションを売ると思います。

なので雇用統計までは
レンジ or レンジブレイクした後に戻ってくる展開になる可能性が高いので、
上値で止められれば売っていきたいです。

あくまで止められたらですけどね。

 

 ご質問・ご相談は上のお問い合わせフォームからどうぞ。

 

にほんブログ村 為替ブログ ポンド円へ
にほんブログ村